国語言葉の意味

【慣用句】「精が出る」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「精が出る」について解説する。

端的に言えば精が出るの意味は「仕事などに励むこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「精が出る」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「精が出る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「精が出る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「せいがでる」です。

「精が出る」の意味は?

「精が出る」には、次のような意味があります。まずは国語辞典で正確な意味をチェックしたあと、さらに詳しい意味まで見ていきましょう。

1.懸命に働く。仕事に励む。よく活動する。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「精が出る」

一生懸命に働いたり、仕事に打ち込んだりするという意味があり、客観的に高い評価に値するということを示す慣用句となっています。

そのため、どんなことに励むのかという対象としては、趣味など個人的なことではなく、職業としての仕事や家業、家の手伝いなどに使われることが多くなっていますよ。その他、仕事以外の対象としては、町内会やPTA役員などです。

「精が出る」の語源は?

次に「精が出る」の語源を確認しておきましょう。「精が出る」の「精」は雑念がなくひたすら励むこと、「出る」にはうちに秘められている能力が発揮されることという意味があります。これらをあわせて、一生懸命に働いたり仕事に励むという意味合いにつながっていますよ。

なお、うなぎが「精がつく」食べ物として売り出されることがありますが、「精」の意味を心身の力のもととなる元気や精力としてとらえているので、ここでの「精が出る」とは違う意味のものです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810