国語言葉の意味

【慣用句】「心を尽くす」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「心を尽くす」について解説する。

端的に言えば心を尽くすの意味は「できる限りのことをする」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「心を尽くす」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「心を尽くす」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「心を尽くす」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「こころをつくす」です。

「心を尽くす」の意味は?

「心を尽くす」には、次のような意味があります。まずは国語辞典の意味を確認してから、さらに詳しくチェックしていきましょう。

1.心の底から思ってする。できる限りのことをする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「心を尽くす」

真心をもって取り組んだり精魂を傾けて、できる限りのことをするという意味です。例えば、感謝や祝賀、心配、激励など心の中にある純粋な気持ちや本心について、余すところなく行動にして表すということになります。気持ちの全てを行動に変えるような心を使うイメージです。

ほかには、神経をすり減らしたり、精魂が尽きるという意味もあります。こちらは、心が消耗するというイメージで、さまざま気を回してきって疲れ切ったというニュアンスです。

「心を尽くす」の語源は?

次に「心を尽くす」の語源を確認しておきましょう。

「心を尽くす」の「心」は偽りや飾りのない本当の気持ちや心持ちのこと、「尽くす」はできる限りのことをするということから、真心をもってできる限りのことをするという意味につながっています。

実際に古い時代から使われている古語でもあり、奈良時代末期の『万葉集(まんようしゅう)』や平安時代の『源氏物語(げんじものがたり)』や鎌倉時代の『平家物語(へいけものがたり)』にも記述がありますよ。『竹取物語(たけとりものがたり)』では、石作皇子がかぐや姫に「海山の道にこころをつくし…」と気持ちをお伝えした場面に使われています。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810