国語言葉の意味

【慣用句】「骨抜きにされる」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校講師が解説!

Since he fell in love with her, he’s been completely watered-down.
彼女と恋に落ちて以来、彼はすっかり骨抜きだ。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「骨抜きにされる」の使い方がわかったな。恋の笑い話だったらいいが、もっと重要なものを台無しにされてしまったら困るな。みんなも、自分の意志は強く持とう。

「骨抜きにされる」を使いこなそう

この記事では「骨抜きにされる」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「魚の骨」から生まれた「骨抜きにされる」という言葉でしたが、確かに骨を抜かれた魚には、もう強さや硬さは感じられませんね。

「骨組み」「骨子(こっし)」と言ったりもするように、「骨」は「基礎、土台」という大切なものも意味します。普段は意識しない部分だからこそ、気づいた時には大切にしたいものです。

1 2 3 4
Share: