国語言葉の意味

【慣用句】「幕が下りる」の意味や使い方は?例文や類語を日本語オタクライターが解説!

「幕が下りる」の対義語は?

類義語を確認したところで、次は「幕が下りる」の対義語を見ていきましょう。

「幕が切って落とされる」

これは「事件や戦いが起こること」を表す慣用句です。「火ぶたが切って落とされる」という言い方も有名かもしれませんが、「幕を下ろす」と対応させてこちらを類義語として挙げておきます。「幕を下ろす」は「物事が終わること」を指すのに対しこちらは「事件や戦いの始まり」を表しているため、対義語と言えそうですね。

しかしお気づきの方もいるでしょうが、「幕を下ろす」はプラス・マイナスのニュアンスの区別がないのに対し「幕が切って落とされる」は「事件・戦い」などというように少し不穏な雰囲気が見受けられる慣用句です。「幕を下ろす」よりも「幕が切って落とされる」の方が使えるシチュエーションが少ないとも言えるため、このニュアンスはしっかり押さえておきましょう。

「幕が下りる」の英訳は?

image by PIXTA / 65724326

それでは最後に「幕が下りる」の英訳を見ていきましょう。

「to come to an end」

これは直訳すると「終わりが来る」という文になり、「幕が下りる、片が付く」という意味を持った英文です。「幕が下りる」というような比喩的な表現ではありませんが、意味内容的には「物事が終わりになる」という点で共通していると言えるでしょう。

「幕が下りる」のように仰々しいニュアンスを持って使うことはできませんが、その分かえってこちらの方が自由に使える文章かもしれませんね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

物事の始まりや終わりについて「幕」という単語を使った表現はこのほかにもたくさんあるぞ。文章に色を持たせることも出来る面白い表現だから、いろいろ調べて覚えておくと表現の幅が広がるぞ。

「幕を下ろす」を使いこなそう

この記事では「幕を下ろす」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「幕を下ろす」は実際に舞台などの垂れ幕を下ろす動作が転じて「物事が終わる」という状態を表した慣用句でしたね。良いことにも悪いことにも使えますが、どちらかというと大団円的な良い終わりに対して使われるという点、そして大仰なニュアンスがあるという点はきっちり押さえておきましょう。同じく「幕」という単語を使って物事の開始や終了を表す慣用句も多く存在するため、重ねて覚えておいてもいいですね。

1 2 3
Share: