国語言葉の意味

【慣用句】「恥をかく」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターが解説!

  1. 指先やつめ、またはそれに似たもので物の表面を強くこする。「かゆい所を―・く」

  2. 手やそれに似たものであたり一帯にある物を引き寄せたり押しのけたりする。「雪を―・く」「手で水を―・いて進む」

  3. 刃物を手前に引いて切り取る。「寝首を―・く」

  4. 刃物を押し当てて細かく削りとる。「氷を―・く」「かつおぶしを―・く」

  5. 箸 (はし) などですばやく混ぜ合わせて粘液状の物にする。「からしを―・く」

  6. 犂 (すき) などで田畑を耕す。「苗代を―・く」

  7. あまり好ましくないものを表面にだす。㋐恥などを身に受ける。「赤っ恥を―・く」㋑涙や汗などをからだの外に出す。「寝汗を―・く」「べそを―・く」㋒いびきを立てる。「高いびきを―・く」

  8. 「…する」をののしっていう語。「欲を―・くな」

  9. 琴などの弦をつめなどではじくようにする。掻き鳴らす。「ただ少し―・き出でたる、大殿 (おとど) のうちひびきみちていみじきを」〈宇津保・俊蔭〉

  10. 指先を物に食い込ませるようにしてつかまる。とりすがる。「梯 (はし) 立ての倉椅 (くらはし) 山を嶮 (さが) しみと岩―・きかねてわが手取らすも」〈記・下〉

  11. 髪をくしけずる。「目に髪のおほへるを―・きはやらで」〈枕・一五一〉

  12. 飯などを急いで食べる。かっこむ。「猫殿、ただ―・き給え」〈盛衰記・三三〉

  13. 手を振って合図する。「『あなかま』と、手―・くものから」〈源・夕顔〉

 

出典:デジタル大辞泉(小学館)「掻・く」

こんなにも「掻く」という言葉の意味があるのです。いろいろな場面で使われるなんてビックリしますよね。

先に挙げた「腕を掻く」の「掻く」は、1の「指先やつめ、またはそれに似たもので物の表面を強くこする」です。そして「恥を掻く」の「掻く」は、7の「あまり好ましくないものを表面にだす」になります。つまり「恥をかく」とは、「恥ずかしいというあまり人に見せたくない感情が表面に出てしまう」ということです。

「恥をかく」の使い方・例文

「恥をかく」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.知史君、こうしてみんなの前で恥をかくのもいい機会だよ。
2.お願いだから、そんな無謀な冒険は親戚一同が恥をかくだけだからやめて。
3.国際会議で今発表しても恥をかくことは承知の上だが、この研究はいつか世界中の科学者から評価されるはずだ。

恥をかく」のはそのような行為をした本人だけではありません。例文2でわかる通り、無謀な冒険をして恥ずかしいと思うのは冒険をする本人ではなく、他人である親戚一同だったりします。

また、「恥をかく」ことは必ずしも悪いことではありません。例文1のようにいい経験だととらえられることもあります。「失敗は成功の母」と言うように、チャレンジ精神というものは必要です。いきなり補助輪なしで自転車に乗れませんし、宝くじを1枚買っただけで1等なんか当たりっこないですよね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマがあったな。このタイトル、実はハンガリーのことわざだ。

問題に向き合わずに逃げることは恥ずかしいことだが、時と場合によってはそれが便利な解決策となるという意味がある。一時的には恥ずかしい思いをしたとしても、長い目で見れば得をするということだ。「恥をかく」ことを恐れてはいけないぞ!

次のページを読む
1 2 3 4
Share: