国語言葉の意味

【慣用句】「屁でもない」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「屁でもない」について解説する。

端的に言えば屁でもないの意味は「取るに足らないこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

日本文学科卒の現役WEBライター、ヒマワリを呼んだ。一緒に「屁でもない」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヒマワリ

今回の記事を担当するのは、日本文学科卒で現役WEBライターのヒマワリ。専攻は近代文学だが、古典文学からマンガまで幅広く読んでいる。受験生家庭教師の経験を生かして、慣用句「屁でもない」についてわかりやすく丁寧に説明していく。

「屁でもない」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「屁でもない」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「屁でもない」の意味は?

まず初めに、「屁でもない」の正しい意味を、辞書からの引用で確認していきましょう。

1.問題とするに足りない。何でもない。非常にたやすい。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「屁でもない」

2.どんな点から見ても、あえて取り上げるに値しないととらえられるもの。

出典:新明解国語辞典(三省堂)「屁」

屁でもない」は(へでもない)と読みます。「屁」はご存知の通り「おなら」のことです。そして「屁」には「おなら」以外のもう一つの意味があります。先に記載した辞書からの引用2の通り「屁」は、取るに足らないつまらないもの、という例えでもあるのですね。つまり、「屁でもない」とは、取るにたらないつまらない「屁」にも値しないもの、と言うことになります。

「屁でもない」の語源は?

次に「屁でもない」の由来を確認しておきましょう。

先述しましたが「屁」は、つまらない値打ちのないものの例えにもなる言葉です。そして、同じ意味の「屁」を使う言葉に、「屁とも思わない」と言う慣用句があります。これは、つまらない値打ちのない「屁」だとも思わないということで、なんの気にもとめない、と言う意味です。つまり「屁」と言う言葉には、対象に対して「つまらないどうでもよいもの」と言う蔑視がこめられているのですね。

このように「屁でもない」は、「屁」という値打ちのないものにも匹敵しない、と言う嘲りの気持ちを表現して作られた慣用句です。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: