国語言葉の意味

【慣用句】「押しが強い」の意味や使い方は?例文や類語を文学部卒の校正者兼ライターがわかりやすく解説!

「押しが強い」の対義語は?

image by PIXTA / 53020438

それでは「押しが強い」の反対の意味を持つ対義語は何があるのでしょうか。

「引っ込み思案」

内気な性格で積極的に人前に出たり自発的に行動を起こしたりすることができないことや性格のことです。「押しが強い」人は自分の意見をどんどん主張して通そうとしますが、「引っ込み思案」な人はなかなか自分の意見を他の人に伝えることが難しく強引な性格の「押しが強い人」のペースに巻き込まれてしまいがちになります。「押す」の反対が「引く」なので、自分は一歩引いているというところも対照的ですね。

「控えめ」

思うままに行動したり発言したりせず自分の内にとどめる態度のことで、その性格のことをいうときにも使いますが「押しが強い」人は思ったことを口に出して周囲を思うがままにしようと思いますが、「控えめ」な人は自分の要望を口に出さずにいます。自分の意見だけを通すことなく周りの和を大事にしながら必要なときは思ったことを口に出して主張できる人は人間力が高い人ですね。

「押しが強い」の英訳は?

image by PIXTA / 69480569

「押しが強い」を英語に訳するとどのようになるのでしょうか、見てみましょう。

「aggressive」

「押しが強い」という慣用句としての英訳はありませんでしたが、「攻撃的」の「aggressive」や「でしゃばり」の「pushy」厚かましいの「audacious」が「押しが強い」を意味する英単語です。「aggressive」(アグレッシブ)は英語では褒め言葉ではなく、攻撃的でけんか好きな人扱いになります。対義語的な単語に「defensive」で防御的な、受け身のという意味です。

\次のページで「「押しが強い」を使いこなそう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: