国語言葉の意味

【慣用句】「歓心を買う」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

「歓心を買う」の使い方・例文

「歓心を買う」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

ID: ↑パーツ内本文:50文字

・上司の歓心を買いたいなら、精神面よりも仕事の生産性を上げるなど、まず行動に表す必要があるよ。

・彼女の歓心を買おうと化粧品をプレゼントしたが、好みに合わなかったのかあまり喜んでもらえなかった。

ID: ↑パーツ内本文:98文字

このように、上司に取り入って出世につなげたいとか、大事な人にものを贈ることで気持ちを伝えたい場合に使う言葉です。

とはいえあまり露骨な方法を取ってしまうと、「お世辞ばかり」などと批判されかねないので気をつけましょう。

ID: ↑パーツ内本文:109文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

そうだな、喜んでもらいたいという純粋な気持ちならいいが、見返りを期待して相手の歓心を買う態度というのはよくないな。

続けて、「歓心を買う」の類語や対義語なども紹介してくれ。「関心」「感心」と書き間違えないようにな。

ID: ↑パーツ内本文:108文字

「歓心を買う」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

相手の気を引こうとするさまを表す言葉はほかにもたくさんありますね。「媚びを売る」や「ごまをする」、「おべっかを使う」などを使うと、職場などで偉い人にとかしずく姿が浮かんできます。

ここでは、そのほかの表現を押さえておきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:115文字

「尻尾を振る」

犬が尻尾を振る仕草は、嬉しいときにするものと考えられてきました。そこから、気に入られたい相手の機嫌を取る行為を「尻尾を振る」というようになりました。

ちなみに実際は、犬は楽しいことへの期待や見慣れぬものへの恐怖を感じているときにも尻尾を振るそうです。つまり本来の「尻尾を振る」行動は犬が興奮していることを表すだけで、嬉しいとは限らないようですよ。

ID: ↑パーツ内本文:174文字

力のある者に気に入られるように振る舞う。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

ID: ↑パーツ内本文:37文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: