国語言葉の意味

【慣用句】「歓心を買う」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「歓心を買う」について解説する。

端的に言えば歓心を買うの意味は「機嫌を取る」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国語力だけでこれまでの社会人生活を乗り切ってきたライター、ヤザワナオコに、「歓心を買う」の意味や例文、類語などを説明してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/ヤザワナオコ

コールセンターの電話応対指導やマナー講師、テレビ番組の字幕製作経験もあるライター、ヤザワナオコ。

実力第一で生きてきたので、上司に媚びるような言動を取るはどうも苦手だとか。「歓心を買う」とはどんなときに使う言葉なのか、反対の意味を表す言葉はあるのかなど解説してもらう。

ID: ↑パーツ内本文:135文字

「歓心を買う」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「歓心を買う」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:33文字

「歓心を買う」の意味は?

「歓心を買う」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:23文字

人の気に入るように努める。人の機嫌をとる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

ID: ↑パーツ内本文:38文字

誰かに気に入られたいと思ったとき、あなたならどうしますか?楽しい話で気を引いたり、褒め言葉を使ったり、何かプレゼントを贈って喜んでもらったりといろいろな方法がありますね。このように何らかの方法で相手に気に入られようと機嫌を取ることを「歓心を買う」といいます。

気に入ってもらいたい相手であれば、対象は職場の上司や先輩から、家族や友人、恋愛相手など誰でも大丈夫。自分で「歓心を買いたくて○○した」と言う使い方もできますし、他人を評して「社長の歓心を買おうとしている」のように使うことも可能です。

ID: ↑パーツ内本文:247文字

「歓心を買う」の語源は?

次に「歓心を買う」の語源を確認しておきましょう。まず「歓心」とは、嬉しく思う気持ち、喜ぶ気持ちのことをいいます。「歓」には喜ぶ気持ちという意味があるので、「喜んで迎えること」を「歓迎」というのですね。この使い方はベートーヴェンの「歓喜の歌」(別名「歓びの歌」)でも有名です。

次に「買う」は金銭の対価としての購入のことではなく、ここでは自分から進んであるものを求めることを指します。「喜ぶ気持ちを進んで求める」から「歓心を買う」なのですね。「歓心」と「買う」、それぞれの使い方の例文も見ておきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:252文字

・勉強を頑張ることで母の歓心を得る。

・国内の法令の整備には、あの政治家が一役買ってくれた。

・売られた喧嘩は買うのが男の意地ってもんだ。

ID: ↑パーツ内本文:71文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: