国語言葉の意味

【慣用句】「手がかかる」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「手がかかる」について解説する。

端的に言えば手がかかるの意味は「手間がかかったり、世話が焼けるということ」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「手がかかる」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「手がかかる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「手がかかる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「てがかかる」です。

「手がかかる」の意味は?

「手がかかる」には、次のような意味があります。まずは、国語辞典に書かれている意味を確認してから、さらに詳しい意味までチェックしていきましょう。

1.手数を必要とする。世話がやける。
2.手でつかんだ状態になる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「手がかかる」

辞書の意味は2つありますが、ここでは1.の方の意味を中心に見ていきましょう。2.のほうの意味は、物理的に手に何かがかかった状態ということですね。

「手がかかる」とは、人に対しては世話が焼けるようすを表しており、一人前の人に対しては必要がないようなことをさまざま手を貸してあげなければならない状況のことです。物やサービスに対しては煩雑であるようすから、標準的なレベルに比べて手順が多いなどといった状況を表しています。

「手がかかる」の語源は?

次に「手がかかる」の語源を確認しておきましょう。

「手がかかる」の「手」は「手数」や「手間」のことで、「かかる」は何らかの行動などの結果として負担がかかったり不利な状況になることを表しています。これらの意味から、手間によって負担がかかるという意味合いにつながっていますよ。

「手間」とは時間や労力がかかることを表すため、足での行為にも「手がかかる」と言うことができます。ただ、誤解を生みそうなときは、足での行為にあえて「手がかかる」と言わないほうがよいですね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810