国語言葉の意味

【慣用句】「花も恥じらう」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「花も恥じらう」について解説する。

端的に言えば花も恥じらうの意味は「若くて美しい女性を形容する言葉」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

小説や記事の執筆など、言葉に多く携わっている中低青黄を呼んだ。一緒に「花も恥じらう」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/中低青黄

大学生ライター。大学生活を送る傍ら、PR会社にて記事の添削・校正などを担当。また、高校生の頃から小説をはじめとした書籍を多数通読。小説の執筆や記事の作成なども行っている。

「花も恥じらう」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「花も恥じらう」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「花も恥じらう」の意味は?

「花も恥じらう」には、次のような意味があります。

・うら若く美しい女性を形容する言葉。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「花も恥じらう」

漫画や小説などで度々用いられている「花も恥じらう」。基本的には若い女性に用いる表現で、「若く美しい様」を表しているのです。それでは早速、どのような仕組みでこの慣用句が成立しているのかを説明しましょう。

まず勘違いしてはいけないのが、「恥じらう」のは乙女ではなく花であるということ。花は昔から私たちの身近にあり、その美しさで常に私たちを癒し続けてくれていました。その素晴らしさは、当時の人々の価値観に当然のごとく刻まれていたわけです。

しかし、この慣用句ではそんな花すらも恥じらっているのだと表現しています。恥じらうというのは恥ずかしがっているという意味の他に、遠慮しているようなニュアンスも内包されており、綺麗な花が女性の美しさを前に胸を張って咲き誇ることができないことから、花を上回る美しさを表現しているのです。

「花も恥じらう」の由来は?

「花も恥じらう」の出自に関しては諸説ありますが、そのうちのふたつを紹介します。

ひとつは中国三国史の時代に二橋と呼ばれた、大僑(だい きょう)、小僑(しょう きょう)という美しい姉妹が元になったという説。彼女たちの美しさを表すために「花も恥じらい、月も光を消す」との表現が使われ、この前半部分から「花も恥じらう」という慣用句が生まれたのだと言われています。

また、中国四大美人の楊貴妃(ようきひ)を「羞花美人」と表し、それが由来となったという説も有力なのです。

次のページを読む
1 2 3
Share: