国語言葉の意味

【慣用句】「矛を収める」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「矛を収める」について解説する。

端的に言えば矛を収めるの意味は「争いをやめる」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好きで歴史好き、名古屋出身で5年間のライター経験を持つeastflowerを呼んだ。一緒に「矛を収める」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/eastflower

今回の記事を担当するのは語学好きで英語、中国語が得意な5年目のライター、eastflower。「矛を収める」の言葉の起源やどんな場面で使えるのかをわかりやすく解説していく。

「矛を収める」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「矛を収める」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「矛を収める」の意味は?

まず、「矛を収める」や関連語の辞書の意味を見ていきましょう。

【矛を収める】
1. 戦闘をやめる。争いをやめる。

出典:大辞林 第三版(三省堂)「矛を収める」


【矛】
1. 両刃の剣に柄をつけた、刺突のための武器。青銅器時代・鉄器時代の代表的な武器で日本では弥生時代に銅矛・鉄矛がある。のちには実用性を失い、呪力(じゅりょく)をもつものとして宗教儀礼の用具とされた。広く、攻撃用の武器のたとえとしても用いる。
2. 弓の幹(から)。弓幹(ゆがら)。
3. 矛を立てた山車(だし)。特に京都祇園会(ぎおんえ)の山鉾(やまぼこ)。ほこだし。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「矛」

「矛を収める」(ほこをおさめる)の「矛」(ほこ)とは、国語辞典で示されている通り、両刃の剣に柄をつけた中国から伝わった伝統的な武器で、少し長めな点が槍(やり)に似ています。槍が柄(え)の先に刃物を取り付けるタイプなのに対して、「矛」は刀身(とうしん)と一体になっている筒状の金属ホルダーをはめ込んで固定しているのです。よく日本の時代劇で目にするのは、槍と腰に刺した片刃の刀ですが、中国から伝わった矛は、日本でも古墳時代頃前後には広く使われていました。

「矛を収める」の「納める」とは、「一定の決められた場所にきちんと入れる、収納する」という意味で、「矛を収める」とは、「戦いやけんかのために矛を取り出して戦い始めたが、戦うことをやめて元の場所に戻す」という意味で使われるようになりました。

「矛を収める」の語源は?

次に「矛を収める」の語源を確認しておきましょう。

「矛を収める」の「矛」(ほこ)は、日本に槍(やり)が登場する以前に使われていた攻撃用の武器で、天照大神(あまてらすおおみかみ)や大国主命(おおくにぬしのみこと)が登場する日本神話の時代には矛が使われていたと言われています。実際に史実の中で、日本が矛で戦ったことは確認されていて、663年の「白村江の戦い」(はくそんこうのたたかい)がそのひとつです。日本は、朝鮮半島の百済(くだら)に援軍を送り、唐(とう)・新羅(しらぎ)連合軍と戦うも矛を発明、開発した中国のレベルには及ばず敗戦となりました。

「矛を収める」の慣用句がいつから使われるようになったのかは定かではありませんが、室町時代や江戸時代の主力の武器は槍や刀であったため、室町以前に使われるようになった用語なのかもしれませんね。

次のページを読む
1 2 3
Share: