国語言葉の意味

【慣用句】「気が短い」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「気が短い」について解説する。

端的に言えば気が短いの意味は「すぐ怒る」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国語力だけでこれまでの社会人生活を乗り切ってきたライター、ヤザワナオコに、「気が短い」の意味や例文、類語などを説明してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤザワナオコ

コールセンターの電話応対指導やマナー講師、テレビ番組の字幕製作経験もあるライター、ヤザワナオコ。

どんな人気店でも行列に並ぶくらいなら諦めるほど気が短いらしく、そんな性格を治す方法があるなら教えてほしいとのこと。「気が短い」とはどんなときに使う言葉なのか解説してもらう。

「気が短い」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「気が短い」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「気が短い」の意味は?

我慢ができず喧嘩っ早い様子を表す「気が短い」は、辞書ではこう定義されています。

1.事の実現を待ちきれず、いらついたり、催促したりする性分である。 

2忍耐強くなく、すぐに怒ってしまう性格である。

出典:大辞林第三版(三省堂)

この「気が短い」という言葉、辞書によっては意味として、2番目の「すぐ怒る」という側面だけを挙げているものもあります。

ですが自分でも気が短いと思う筆者としては、大辞林の説明の1番目、中でも「事の実現を待ちきれず」という背景があることをご理解いただきたいです。

せっかちな性格ゆえ我慢ができないだけで、そんなに怒り心頭というわけではないのですが…といっても言い訳にしか聞こえないでしょうか。周囲の人の迷惑も考え、自重できるよう心がけたいと思います。

「気が短い」の語源は?

次に「気が短い」の語源を確認しておきましょう。

気が短いとか気が長いという表現は、平常時から怒りまでの時間的な長さを表しています。「導火線が短い」という言葉を聞いたことがありませんか。これも怒りっぽい様を表す言葉です。このように通常想定されるよりも忍耐力がなくてあっという間にイライラしたり怒ったりする様子を、「気が短い」というのですね。

「気が短い」の使い方・例文

「気が短い」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.信号が青になるのを待ちきれないなんて、あいつは気が短いな。

2.あの部長は気が短くて有名なんだよ。今後は人材育成は任せないほうがいいと思うけどな。

このように、せっかちですぐ行動に移してしまう様子や、相手に対して忍耐力がなく起こってしまう様子を表すときに使われます。

職場や学校にそんな怒りっぽい存在が身近にいたら、周りの人は終始付き合い方に気を使わなくてはならず、ストレスの原因になる可能性も。といって指摘されたから直るというものでもなさそうですから、気が短い自覚がある人は普段から言動に注意した方がよさそうですね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

居酒屋で店員のサービスにすぐ文句をつけるとか、他人へのイライラを隠さない奴は考えものだな。感情のコントロールができないようじゃ、まっとうな大人とはいえないと思うぞ。昔は「火事と喧嘩は江戸の華」といって、江戸っ子は喧嘩っ早いのが特徴みたいに言われたが、気の短さを出身地のせいにするのもどうかと思うがな。

続けて、「気が短い」の類語や英語表現も解説してくれ。

「気が短い」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

縮めた言い方である「短気」はすぐ思い浮かびますね。ほかにも同じ意味の表現がありますので見ていきましょう。

「頭に血が上りやすい」

「気が短い」を「怒りっぽい」の意味で使うときは「頭に血が上りやすい」と置き換えることができます。怒っている様子を絵に描くとしたら顔は真っ赤にしませんか。体中の血が頭や顔に集まっていそうに見えるほど、興奮していたりかっとなっていたりすることを指す言葉です。

例文も見ておきましょう。

・20も年下の後輩にプライドを傷つけられて、頭に血が上ってしまった。

・ちょっと理想どおりに進まないと頭に血が上りやすいなんて、やっかいな人だ。

この「頭に血が上る」という状態、単なる比喩ではなく、怒りや興奮といった感情の変化に伴い、実際に体にも変化が起きています。体に怒りや興奮する出来事という刺激を受けると、アドレナリンが血中に放出されて心拍数や血圧が上がり、同行が開いたり血糖値まで上がったり。

漫画などでも顔を真っ赤にし、目を見開いて怒る様子はよく描かれますが、体がこんなふうに感情の影響を受けるとはなんとも面白いですね。

「気忙しい」

「きぜわしい」と読みます。これは、「気が短い」の意味の中でも「せっかち」という面と同じ意味です。

やることが多すぎて気もそぞろだったり、バタバタと落ち着かなかったりする様子を指すときに使えますよ。

・さっきまで洗濯物を畳んでいたと思ったら、今度はもう冷蔵庫を覗いているよ、まったく気忙しい人だ。

・例年この時期は、進路相談や面談の予定が多く毎日気忙しい。

次のページを読む
1 2 3
Share: