国語言葉の意味

【慣用句】「おいそれと」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「おいそれと」について解説する。

端的に言えば「おいそれと」の意味は「すぐに、簡単に」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

教師や講師としても教えることに関わってきた「やぎしち」を呼んだ。一緒に「おいそれと」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/やぎしち

雑学からビジネス文章まで手掛ける現役ライター。国語の中学・高校教諭の資格も持ち、予備校講師の経験も。言葉を大切にした文章を心掛けている。

「おいそれと」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「おいそれと」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「おいそれと」の意味は?

「おいそれと」には、次のような意味があります。

[副]簡単に応じるさま。「おいそれと承諾できる話ではない」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「おいそれと」

この言葉は「簡単に引き受ける、すぐ言いなりになること」を意味する慣用表現です。「おいそれ」に、副詞「と」が付いた言葉で、「おいそれのように」という意味で成り立っています。

辞書によっては「ただちに、よく考えずに」のみに限っており、「引き受ける、応じる」という意味は記載していないものもありました。なぜ「引き受ける」が含まれるのかは、次の語源の項で解説します。

また必ず押さえておきたいのは、下に否定の語を伴うことが多いという点。「おいそれと~しない、できない」という使われ方でよく使われることを覚えておきましょう。

「おいそれと」の語源は?

次に「おいそれと」の語源を確認しておきましょう。先に述べた「おいそれ」は「おい」「それ」から成り立っている言葉です。

「おい」は、人に呼び掛けるときの言葉。「それ」は、動作を行うときの掛け声で、指示語の「あれ・それ」ではありません。「おーい(何かをしてくれ、頼む)」と呼び掛け、聞いた人が「それっ(やるか、行くか)」と引き受ける。

この一連の動作を表しているのが、「おいそれ」だったのです。それが使われていくうちに「おいそれ」のように、という意味で「おいそれと」も慣用表現になったのでしょう。

由来からすると、江戸っ子気質というか気前が良い感じですが、現在は「できない、しない」と否定形で定着したのも興味深いところです。安請け合いをして痛い目を見る江戸っ子、というのはいかにもありそうで、そんな想像も面白いのではないでしょうか。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: