国語言葉の意味

【慣用句】「顔を売る」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「顔を売る」について解説する。

端的に言えば顔を売るの意味は「世間に広く知られようとすること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「顔を売る」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「顔を売る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「顔を売る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「かおをうる」です。

「顔を売る」の意味は?

「顔を売る」には、次のような意味があります。まずは、辞書で正確な意味を確認してから、詳しい意味までチェックしていきましょう。

1.世間に広く知られようとする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「顔を売る」

世間に広く知られようとするということは、具体的には、人目に触れるところに顔を出したり、重要な人物に挨拶をしに行ったりすることなどです。

また、「顔が売れる」ではなく「顔を売る」ということなので、自ら能動的に行動する場合の表現になります。その目的は、仕事がやりやすくなったり、個人的な欲望ということもありますが、自分にとって何かしら都合がよくなるためです。

「顔を売る」の語源は?

次に「顔を売る」の語源を確認しておきましょう。

「顔を売る」の「顔」は人の顔、「売る」は物やサービス販売するというのが代表的な意味です。しかし、「顔」には社会や地域への知名度という意味があり、「売る」には世間に知られるようにするという意味があります。そこから、知名度を上げるために世間に知られるようにするという意味につながっていますよ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810