国語言葉の意味

【慣用句】「ヤキモチを焼く」の意味や使い方は?例文や類語を現役学生ライターが解説!

「ヤキモチを焼く」の使い方・例文

「ヤキモチを焼く」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.コンプレックスを抱えていて自分に自信の無い彼女が男友達に恋愛相談をしていることを知ると、独占欲の強い彼氏は浮気を疑ってヤキモチを焼いた。

2.同じ時期にアルバイト入社した職場の同期が自分よりも先に正規雇用になったことにヤキモチを焼いて、あからさまな態度をとってしまった。

3.彼氏がモデルの元カノとの写真をいまだに持っていることが原因でヤキモチを焼いて、携帯をチェックしたり女友達との行動を制限するなどの束縛をする様になってしまった。

以上の使い方から分かる様に、「ヤキモチを焼く」は恋人の浮気やライバルの昇進など自分の身近な人が自分の手中に収まらなくなることを感じたときに使われる言葉です。主に恋人関係の間で浮気を疑ったり嫉妬をしたときに使われることが多いでしょう。「ヤキモチを焼く」という範囲ならまだ微笑ましいものですが、ここから派生すると「束縛」になります。「束縛」は相手を実際に自分の手中に収めるために拘束する行為を指す言葉ですね。「ヤキモチを焼く」は実際に相手を自分の手中に収めるようなことはしませんが、気持ちの中で「嫉妬」をしているときに使われます。

また「ヤキモチを焼く」よりも「嫉妬をする」の方が気持ちをより強調した表現になるので、軽い気持ちの場合は「ヤキモチを焼く」、少し深刻な場合は「嫉妬をする」を用いるというように使い分けるといいでしょう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「ヤキモチ」は「妬く」と「気持ち」を掛け合わせて出来た言葉だったんだな。読みが同じことから、洒落で「焼き餅」というように言葉遊びが出来るのは日本語の面白いところだな。「妬く気持ち」と言っても、「嫉妬」と「ヤキモチ」には少しの気持ちの差によって使い分ける必要があるということが分かった。みんなも恋人や友達に対しての「嫉妬」は程々に、頬を膨らます「ヤキモチを焼く」程度に収めておこう。

「ヤキモチを焼く」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「ヤキモチを焼く」は人の成功を妬んだり、自分の親密な人が自分以外の人とより親密になりそうなときに束縛したくなる気持ちを表す言葉でした。そのような嫉妬や羨望の気持ちを他の言葉で表すとどのような言葉になるのでしょうか?ここからは「ヤキモチを焼く」の類語やその違いを見ていきましょう。

「岡焼き」「傍焼き」

嫉妬や羨ましいことを表現する言葉として、「岡焼き」、「傍焼き」という言葉があります。「岡焼き」と「傍焼き」はどちらも「おかやき」と読み、意味も同じです。

「傍焼き」は「傍焼き餅」の略称で、文字通り他人の仲睦まじい様子を傍で羨ましく思うことを指します。このことから分かる様に「ヤキモチを焼く」との明らかな違いは、嫉妬をする対象が自分に関わる人なのか自分とは関係のない人なのかということです。「ヤキモチを焼く」の場合、自分にとって親しみのある近しい関係の人が遠い存在になることによってその相手を自分の近くに収めておきたいと感じたときに用いる表現でした。これとは別に「岡焼き」や「傍焼き」は、自分とは直接関係のない他人が仲睦まじい様子をみてはたから羨ましいと感じているときに用いる言葉です。

よって自分以外の人同士が仲睦まじい様子を見て羨ましいと思うという、基本的な構造は「傍焼き」も「ヤキモチを焼く」も同じですが、その嫉妬の対象が自分と関係のある人なのか全くの他人なのかということで使い分けることが出来るということですね。

次のページを読む
1 2 3
Share: