国語言葉の意味

【慣用句】「白いもの」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「白いもの」について解説する。

端的に言えば白いものの意味は「雪」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだライターのタケルを呼んだ。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「白いもの」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/タケル

某国立大で現代日本語学を専攻。ご飯、うどん、冷奴、ホワイトシチュー、イカ、はんぺん、牛乳、バター、砂糖など白い食べ物が大好き。なぜか卯の花だけは苦手。

「白いもの」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「白いもの」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「白いもの」の意味は?

「白いもの」には、次のような意味があります。国語辞典にも載っている言葉です。

1.雪。 「 -がちらつく」

2.しらが。 「髪に-がまじる」

3.おしろい。しろきもの。

 

出典:大辞林 第三版(三省堂)「白い物」

辞書には「白いもの」(しろいもの)のことが具体的に列挙されています。白い物体を全般的に表しているのではありません。主に雪、白髪、白粉(おしろい)を言い換えるのに使う言葉です。今はおしろいよりもファンデーションの時代ですので、よく使われているのは1と2になります。

これに似たもので、「白物家電」というものを聞いたことがありますよね。生活家電を表す言葉で、白を基調とした製品が多かったことからそう呼ばれるようになりました。逆に「黒物家電」という、特にオーディオ製品を示す言葉もあります。

余談ですが、ファッション関係で「白いもの」を検索すると、ホワイトコーデなるものがヒットしますよね。白いトップスに白のボトムでアクセサリーなども白のワントーンにすることですが、何でも白ければいいというものではなく、バッグで差し色を入れるとか私にはレベル高すぎです。シューズにリュック、帽子や財布まで「白いもの」だったらおかしいぐらいは感じられますが。

「白いもの」の語源は?

次に「白いもの」の語源を確認しておきましょう。

もちろん色が白いからなのですが、それでは終われませんよね。なので、日本語ではなぜそんな回りくどい言い方をするのか、それを説明していきましょう。

感染症対策にも表れていますが、日本には他人に配慮するという文化が根付いています。人ごみでは必ずマスク、ソーシャルディスタンスを守る、といったことが挙げられますよね。他人を思いやるという気持ちが、相手の気に障らないよう回りくどく言うようさせているのです。あらゆる業界で隠語や符丁(ふちょう)というものがあります。飲食店などで店側の人間が「ちょっとトイレ行ってくるね~」なんて言うのを聞いたら、客としては要らぬ心配をしそうですよね。そういったことを防ぐために、客にバレないよう関係者にだけ通じるようにする言葉です。

隠語というものは室町時代にはすでに存在し、宮中に使える女房が身の回りの物を言い換えた言葉を使うようになりました。これを「女房詞」(にょうぼうことば)と言います。もちろん隠語ですから、しばらくは限られた人々の間でのみ使われていました。やがて将軍家や良家の女性がマネをし、江戸時代には裕福な町家の女性も使うようになり、今では男性も使う言葉もあるという状態です。

次のページを読む
1 2 3
Share: