国語言葉の意味

【慣用句】「虫が好かない」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「虫が好かない」について解説する。

端的に言えば虫が好かないの意味は「なんとなく好きになれない」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

小説や記事の執筆など、言葉に多く携わっている中低青黄を呼んだ。一緒に「虫が好かない」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/中低青黄

大学生ライター。大学生活を送る傍ら、PR会社にて記事の添削・校正などを担当。また、高校生の頃から小説をはじめとした書籍を多数通読。小説の執筆や記事の作成なども行っている。

「虫が好かない」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「虫が好かない」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「虫が好かない」の意味は?

「虫が好かない」には、次のような意味があります。

・なんとなく気にくわない。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「虫が好かない」

人が思考ではないところで何かしらを感じる時に、慣用句として「虫」が使われることが多々あります。「虫が好かない」もそのような慣用句のひとつです。

意味はひとつ、「なんとなく気にくわないこと」。日頃の会話でも、そこにいない第三者の話をする際などに使われる表現ですね。

「虫が好かない」の語源は?

次に「虫が好かない」の語源を確認しておきましょう。先述しましたが、「腹の虫が治らない」や「虫の知らせ」、「虫の居所が悪い」など、慣用句の中に「虫」という単語は度々登場します。この虫が虫が好かないを理解する上でのキーワードになるのです。

虫という存在がなぜ慣用句に多く登場するかというのは、昔の日本人のあるユニークな発想に理由があります。なんと、昔の人は虫がどこにでも入ってしまうために、人の体の中にも虫が住んでいると考えていたのです。

そして、その虫が自分の意思とは無関係に何かを考えていると考えていました。それを「虫が好かない」に当てはめてみましょう。体内に住む虫が我々の感情や判断にさまざまな影響を与え、その結果対象を「なんとなく好きになれないなぁ」と考えさせている、ということになります。

なんだか奇妙な話ですね。また、そのように考えるようになったのにもまた理由があります。古来、病気などの原因は鬼の生徒され、祈祷師が活躍していたのです。そして、このままでは儲からないと考えた医師たちが、病気にかかるのは虫のせいという書物をまとめたのが発端だと言われています。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: