この記事では「因縁をつける」について解説する。

端的に言えば因縁をつけるの意味は「言いがかり」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は広告会社で経験を積み、文章の基本と言葉の使い方を知るライターのHataを呼んです。一緒に「因縁をつける」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/Hata

以前は広告会社に勤務しており、多くの企業の広告作成経験を持つ。相手に合わせた伝え方や言葉の使い方も学び、文章の作成や校正が得意。現在はその経験をいかし、ライターとして活動中。

「因縁をつける」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 62944878

それでは早速「因縁をつける(いんねんをつける)」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「因縁をつける」の意味は?

「因縁をつける」には、次のような意味があります。

無理に理由をこじつけて相手の非を責めたてる。言い掛かりをつける。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「因縁を付ける」

「因縁をつける」とは、今もよく使われる慣用句のひとつ。ささいなことを理由にしたり、故意に何か理由をつくって相手に無理を言い困らせる行為です。発端となる理由はいわゆる言いがかりで、でたらめやクレームである時にも使われます。

いずれにしても、非常に無理難題や根拠もないことを理由にして、人を困らせる時に用いられる言葉です。

「因縁をつける」の語源は?

次に「因縁をつける」の語源を確認しておきましょう。この言葉は、本来は仏教用語がもとになっています。

「因縁(いんねん)」とは仏教用語で、物事が生じる直接的な原因である「因」と、それを外から助ける間接的な原因の「縁」のこと。仏教においてはすべての物事はこの二つによって起こると言われるほど、非常に重要な考えです。この概念から、すべての物事には因縁があり、因縁によって変化を続くとされています。まったく無関係に見えることにも因果関係があり、因縁があるものだと考えられてきました。 一見関係がなくても実は原因になっている、ということから「因縁」とは“原因や由来”という意味を持つようになりました。それが次第に「因縁」の意味が転じて、無理な理由や文句といった意味も持つようになり、結果として無理な理屈をこじつけて困らせる、という「因縁を付ける」になったのです。

\次のページで「「因縁をつける」の使い方・例文」を解説!/

「因縁をつける」の使い方・例文

「因縁をつける」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.飲酒で気分が良くなった結果、彼は転んで怪我をしたらしい。完全に自業自得なのに、止めなかった僕が悪いと因縁をつけてきた。
2.機嫌が悪い彼女には近づかない方がいい。視線が合うだけでも変な因縁をつけられて喧嘩をふっかけられてしまうよ。
3.彼はもう引退した身のはずなのに、因縁をつけては内政に干渉しようとしてくる。まったく呆れた者だ。
4.誤った情報についカッとなって友人を責め立ててしまった。自分の勘違いで因縁をつけてしまったようで、申し訳ない。

「因縁をつける」とは言い掛かりのこと。そのためネガティブなシーンで使われることが多く、喧嘩や苛立つシーンで一般的によく用いられます。

基本的には悪い意味の言葉なので、実際に用いる時は誤った使い方をしないよう注意が必要です。

「因縁をつける」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 28313850

それでは次に、「因縁をつける」と似た意味を持つ類義語を見ていきましょう。

「難癖をつける」

「難癖をつける(なんくせをつける)」とは、ささいなミスや欠点を大げさに責め立てること。「難癖」とは非難すべき悪いところ、という意味ですが、それを意図的に「付ける」のが「難癖をつける」です。

「因縁をつける」も「難癖をつける」も、どちらも口実を言い立てて人を困らせるという点で共通した言葉。類義語のひとつと言えます。

なお、似た言葉に「いちゃもんをつける」という言葉もありますが、「いちゃもん」とは「難癖」のこと。そのため言葉も同じ意味で用いることができます。関連語句として一緒に抑えておくといいでしょう。

\次のページで「「横車を押す」」を解説!/

「横車を押す」

「横車を押す(よこぐるまをおす)」とは、“道理に合わないことを無理に押し通す”という意味のことわざ。横に車を押すように、到底難しいことを無理に行うことを指す言葉です。

相手に無理な要求をして困らせるという点で、「因縁をつける」と類似した意味を持ちます。

ただし「横車を押す」は“相手を責める”という意味は含んでいません。相手の非をとがめたり無理に理由をこじつけるのではなく、「横車を押す」は無理難題を押し通すという意味の言葉です。「因縁をつける」とはニュアンスに違いがあるので、場合に応じて使い分けに注意しましょう。

「因縁をつける」の対義語は?

言いがかりによって相手を困らせることを表すのが「因縁をつける」。その反対の意味とはどんな言葉になるでしょうか。ここでは「因縁をつける」の対義語表現を見ていきましょう。

「正論」

「正論(せいろん)」は、“道理にかなった適切な意見”のこと。「因縁をつける」が言いがかりや、意図的なでたらめに基づくものであれば、正しく本質的なことは正反対の意味になります。そのため「正論」は対義語表現と言えるでしょう。

厳密には対義語というより「因縁をつける」相手に対抗する手段として用いるのが「正論」ですが、反対の意味を持つ言葉として抑えておくと語彙力も上がるでしょう。

 

「因縁をつける」の英訳は?

image by iStockphoto

最後に「因縁をつける」の英語訳を確認していきましょう。

「pick a quarrel」

「pick a quarrel」は「因縁をつける」の英語訳として使われる表現。「pick」には“仕掛ける”という意味があり、「quarrel」“喧嘩”という意味の単語です。そのため、「pick a quarrel」は“喧嘩を仕掛ける”という日本語訳になります。

因縁をつけるのように責め立てるという言葉ではありませんが、結果として相手に喧嘩をさせるように振る舞うということで、英語ではこのように表現するのが一般的です。

なお「quarrel」という単語ではなく、「fight」を用いて「pick a fight」とすることも可能。好みに合わせて使い分けるといいでしょう。

\次のページで「「因縁をつける」を使いこなそう」を解説!/

「因縁をつける」を使いこなそう

この記事では「因縁をつける」の意味・使い方・類語などを説明しました。

日常で理不尽だと思うことや、言いがかりだと思うことにぶつかることもあり、腹を立てることもあるでしょう。ですが同時に自分自身がそのようなことをしないように注意したいものですね。

" /> 【慣用句】「因縁をつける」の意味や使い方は?例文や類語を元広告会社勤務ライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「因縁をつける」の意味や使い方は?例文や類語を元広告会社勤務ライターがわかりやすく解説!

この記事では「因縁をつける」について解説する。

端的に言えば因縁をつけるの意味は「言いがかり」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は広告会社で経験を積み、文章の基本と言葉の使い方を知るライターのHataを呼んです。一緒に「因縁をつける」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/Hata

以前は広告会社に勤務しており、多くの企業の広告作成経験を持つ。相手に合わせた伝え方や言葉の使い方も学び、文章の作成や校正が得意。現在はその経験をいかし、ライターとして活動中。

「因縁をつける」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 62944878

それでは早速「因縁をつける(いんねんをつける)」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「因縁をつける」の意味は?

「因縁をつける」には、次のような意味があります。

無理に理由をこじつけて相手の非を責めたてる。言い掛かりをつける。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「因縁を付ける」

「因縁をつける」とは、今もよく使われる慣用句のひとつ。ささいなことを理由にしたり、故意に何か理由をつくって相手に無理を言い困らせる行為です。発端となる理由はいわゆる言いがかりで、でたらめやクレームである時にも使われます。

いずれにしても、非常に無理難題や根拠もないことを理由にして、人を困らせる時に用いられる言葉です。

「因縁をつける」の語源は?

次に「因縁をつける」の語源を確認しておきましょう。この言葉は、本来は仏教用語がもとになっています。

「因縁(いんねん)」とは仏教用語で、物事が生じる直接的な原因である「因」と、それを外から助ける間接的な原因の「縁」のこと。仏教においてはすべての物事はこの二つによって起こると言われるほど、非常に重要な考えです。この概念から、すべての物事には因縁があり、因縁によって変化を続くとされています。まったく無関係に見えることにも因果関係があり、因縁があるものだと考えられてきました。 一見関係がなくても実は原因になっている、ということから「因縁」とは“原因や由来”という意味を持つようになりました。それが次第に「因縁」の意味が転じて、無理な理由や文句といった意味も持つようになり、結果として無理な理屈をこじつけて困らせる、という「因縁を付ける」になったのです。

\次のページで「「因縁をつける」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: