国語言葉の意味

【四字熟語】「生生世世」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「生生世世」について解説する。

端的に言えば生生世世の意味は「永遠」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

学習塾経営者で国語が得意なぼすこを呼んです。一緒に「生生世世」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ぼすこ

国立大学教育学部卒業後、学習塾を経営。読書好きが高じて蓄えた幅広い知識と、得意教科である国語力で、四字熟語をわかりやすく解説していく。

「生生世世」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

まずは、「生生世世」の意味など基本的な内容をおさえていきましょう。

「生生世世」の意味は?

「生生世世」を国語辞典で調べると次のような意味が出てきます。

1.生きかわり死にかわりして生を得た世。永遠。

出典:大辞林第三版(三省堂)「生生世世」

「生生世世」は、「しょうじょうぜぜ」または「しょうじょうせせ」「しょうじょうよよ」とも読み、「生々世々」と表記されることもあります。あまり日常的に多く使われる四字熟語ではないかもしれません。

構成している漢字の意味を細かく見ていくと、「生」は、みなさんもよく知っているそのままの意味で「生まれる」、「世」は「生まれてから人生の終わりまで」。「生」と「世」を繰り返してつなげることで、生まれて人生を過ごし終えてまた新しく生まれる、という繰り返しを表現している言葉なんですね。

人生を繰り返すというと、私は、仏教の輪廻転生の考え方が思い浮かびます。それもそのはず。この「生生世世」は仏教用語で、「繰り返し終わりがない生」という意味から「永遠」も意味する言葉なのです。現世だけでなく、来世もそのまた来世も、長く続く永遠を表現しています。

これは豆知識ですが、「生生」を「しょうじょう」と読むことは、仏教語での慣習です。よく知られている「生々流転」という四字熟語、元は「生死流転」だったのですが、日本に渡ってきた際に「生生世世」の影響があり、「生々流転」に転じたという説もあります。

「生生世世」の語源は?

前項でも少し触れましたが、「生生世世」は仏教の教えを説くために使われていた言葉、仏教語です。仏教において、輪廻転生の考えは非常のオーソドックスなもので、すべての生きものは、生まれて一生を過ごし死んだ後には再び生まれ変わる、と考えられています。その繰り返しを表現したのが「生生世世」という四字熟語です。

私たちの生活ではあまり馴染みがありませんが、仏教の経典ではよく使われおり、5世紀ごろに書かれた『大集経(だいじっきょう)』と言われる大乗仏教の経典にも登場することがわかっています。大集経は、元々古代インド語で書かれた経典で、のちに中国語に翻訳された際に、「生生世世」という漢字の形になりました。

経典以外では、同じく5世紀ごろの古代中国の歴史書『南史(なんし)』の中に登場します。また、日本では菊池寛の『忠直卿行状記』や芥川龍之介の『きりつとほろ上人伝』などでの出典がありますが、それほど多く使われる言葉ではありません。

\次のページで「「生生世世」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: