国語言葉の意味

【慣用句】「百も承知」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「百も承知」について解説する。

端的に言えば百も承知の意味は「あえて言葉にする必要もないほどわかっている」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

小説や記事の執筆など、言葉に多く携わっている中低青黄を呼んだ。一緒に「百も承知」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/中低青黄

大学生ライター。大学生活を送る傍ら、PR会社にて記事の添削・校正などを担当。また、高校生の頃から小説をはじめとした書籍を多数通読。小説の執筆や記事の作成なども行っている。

「百も承知」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「百も承知」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「百も承知」の意味は?

「百も承知」には、次のような意味があります。

・言われるまでもなく、十分わかっていること。「百も承知二百も合点」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「百も承知」

日常で多く口にする機会のある「百も承知」。今回はその意味に迫っていきたいと思います。まず、読み方は「ひゃくもしょうち」です。意味は、「言うまでもなく知っていること」

この慣用句を理解する上で注目するべきは、百という数字が持つ意味です。知識が豊富であることを「一から百まで知っている」なんて言うように、日本語において完全な状態を百と表現することが多々あります。その百を使って、知っているという意味である「承知」をより強めたのが、この「百も承知」なんですね。

「二百も合点」

百も承知の後に「二百も合点」という言葉が続くこともあるのだと知っている方は少ないのではないでしょうか。もちろん「百も承知」のみでも意味としては通じますし、それだけで完結した慣用句です。しかし、「二百も合点」をつけることによって、よりその意味を強めてくれます。

百を上回る二百という数字を用いて承知と同じ意味を持つ合点を脚色しているので、さらに「百も承知」を強めてくれるんですね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: