国語言葉の意味

【慣用句】「焼けぼっくい」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「焼けぼっくい」について解説する。

端的に言えば焼けぼっくいの意味は「燃え残った木の棒」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだライターのタケルを呼んだ。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「焼けぼっくい」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/タケル

某国立大で現代日本語学を専攻。現在はほぼ年中無休で物書きを行う。言葉の解説は得意だが、恋愛の解説は苦手。一方的に好きになるのはしょっちゅうだが、焼けぼっくいに火が付いたことなんてない。

「焼けぼっくい」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「焼けぼっくい」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「焼けぼっくい」の意味は?

「焼けぼっくい」には、次のような意味があります。

1.焼けた杭。燃えさしの棒杭。
2.「焼け木杭に火が付く」の略。「再三―になった後今はどうやら腐縁とでも云うような間柄になって」〈荷風・腕くらべ〉

 

出典:デジタル大辞泉(小学館)「焼け木杭」

焼けぼっくい」(やけぼっくい)自体は1の意味です。しかし、今日ではこの言葉単体で使われることは少なく、2の意味で使われることが多くなりました。よって、「焼けぼっくいに火が付く」の意味も確認していきましょう。

一度焼けた杭は火がつきやすいところから、以前に関係のあった者どうしが、再びもとの関係に戻ることのたとえ。主に男女関係についていう。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「焼け木杭に火が付く」

別れた夫婦がよりを戻すといった場面で、「焼けぼっくいに火が付く」(やけぼっくいにひがつく)という言葉がよく使われます。「焼けぼっくい」とは、この意味で使われることが多くなりました。「棚からぼたもち」を略して「たなぼた」というようなものです。

確かにキャンプへ行ってたき火をしたとき、「この燃え残りを片付けて帰ろう」とは言いますが、「この焼けぼっくいを片付けて帰ろう」とはなかなか言わないですよね。これが本来の使い方のはずですが、違和感があるのはなんだか不思議な事象です。

「焼けぼっくい」の語源は?

次に「焼けぼっくい」の語源を確認しておきましょう。「焼けぼっくいに火が付く」を略したものだと説明しましたが、では「焼けぼっくい」の「ぼっくい」とは何のことでしょうか。

ぼっくい」とは「木の棒」のことです。「ぼっくい」はもともと「棒杭」(ぼうくい)と呼ばれ、時代とともに音が変化して「ぼうくい」が「ぼっくい」となりました。「焼けぼっくい」は、木の棒が燃えて残ったもののことです。

ぼっくいは燃え残ると炭化し、いったん火が消えたとしてもいつまた燃え出してもおかしくない状態となります。そのことが、一度は途絶えた関係、特に男女の仲が再び修復するときに例えられました。「恋は炎のように燃え上がる」とはよく言ったものですよね。

「焼けぼっくい」の使い方・例文

「焼けぼっくい」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.一度は別れた二人だったが、焼けぼっくいに火が付いて復縁した。
2.久々に参加した同窓会で陽奈子と再会して、焼けぼっくいに火が付いた。
3.あいつら、男の方が浮気して前に別れたけど、焼けぼっくいとやらでまた付き合いだしたよ。

すべて復縁する、または復縁しそうなシチュエーションですよね。「焼けぼっくい」はそういった場面で活躍する言葉です。1と2が「焼けぼっくい」の後ろに「~に火が付く」が合わさった形、3は「焼けぼっくいに火が付く」を略して「焼けぼっくい」と言った形の例文として挙げました。

ちなみに「焼けぼっくいには火が付きやすい」という表現もあります。「かつて縁があった者同士は一度別れても元の関係に戻りやすい」という意味です。「焼けぼっくい」の使い方のレパートリーの1つとして、覚えておいて損はありません。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

たまに見かけるが、「焼けぼっくり」と勘違いしている人もいるな。「焼けぼっくい」だぞ。

おそらく「松ぼっくり」とごっちゃになっているな。「ぼっくり」とはふぐり(陰嚢)がなまったもので、形が似ていることからその名が付いた。イヌノフグリという野草も語源は同じだ。

次のページを読む
1 2 3
Share: