国語

【慣用句】「脂が乗る」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「脂が乗る」について解説する。

端的に言えば脂が乗るの意味は「仕事などの調子が出てきてはかどること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「脂が乗る」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「脂が乗る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「脂が乗る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「あぶらがのる」です。

「脂が乗る」の意味は?

「脂が乗る」には、次のような意味があります。まずは、国語辞典の意味をチェックしてから、より詳しい意味まで見ていきましょう。

1.魚や鳥などが季節によって脂肪が増え、味がよくなる。
2.調子が出て仕事や勉強がはかどる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「脂が乗る」

「脂が乗る」は、魚や鳥などの脂肪が増えるという意味のほか、人が仕事などに乗り気になったりはかどったりするという意味でもよく使われますよ。今回はこの後者の意味合いを中心に見ていきますよ。

人間は、何をするにも調子による波があったり、成長して状態が良くなることもある一方でスランプに陥ることもあります。そういった調子や状態が良かったり悪かったりと変化のある中で、いい状態にあることを表したのが「脂が乗る」です。

また、何をするかによって時期は変わりますが、一般に一番力が発揮できる年齢であるという場合に使うこともあります。

「脂が乗る」の語源は?

次に「脂が乗る」の語源を確認しておきましょう。

「脂が乗る」の「仕事が調子よくはかどる」という意味は、「魚や鳥の脂肪が増えておいしくなる」という意味が由来です。魚や鳥には季節によって1年で一番脂が増えておいしいという時期があるように、人間も調子などの波がある中でよい時期を迎えているという意味合いにつながっています。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810