アジアの歴史世界史歴史

5分でわかる「上座部仏教」仏教が分裂した?戒律重視派ってなに?歴史オタクがわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ。どこの町にもひとつは寺があるだろう?それくらい日本で仏教はメジャーな宗教だ。だが、仏教にはいくつもの宗派があって一言では言い表せない。
今回はそんな仏教へのとっかかりのひとつとして、「上座部仏教」について歴史オタクのライターリリー・リリコと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

riri_ririco

ライター/リリー・リリコ

興味本意でとことん調べつくすおばちゃん。座右の銘は「何歳になっても知識欲は現役」。大学の卒業論文は義経をテーマに執筆。これまでたくさん仏教の宗派について勉強し、まとめてきた。今回は仏教の大きな分類のひとつ「上座部仏教」についてわかりやすく解説していく。

1.仏教の世界観と目的、そして難易度

image by PIXTA / 64252690

輪廻転生システム

仏教のお話をするにあたって、まず知っていただきたいのは仏教の世界観です。仏教の世界の大きな枠に「輪廻」というシステムがありました。「輪廻」はこの世に生きるすべての命が何度も「転生」を繰り返すことです。これだけ聞くとなんだか、最近のマンガっぽい言葉ですよね。でも、この思想は紀元前から存在するとても古いものなんですよ。

さて、新しく命が転生する先には、六つの世界がありました。これは上から天人の「天道」、人間の「人間道」、阿修羅の「修羅道」、動物の「畜生道」、餓鬼の「餓鬼道」、そして最下層の「地獄」です。

天道の天人は、いわゆる神様に相当する存在のこと。一部の天人は仏教に帰依して仏教の守護者となり「天部」と呼ばれています。たいていはインド神話由来の神様で、毘沙門天や弁財天が有名ですね。ただし、神様といっても寿命があって死の苦しみから逃れることはありません。

人間道はそのまま、私たちが生きている世界のこと。「畜生道」は私たちと同じ世界の動物のことです。

阿修羅は(宗派によっては)仏教の守護神ですが、常に闘争心に溢れた気性で心休まる時はありません。

餓鬼に転生するといつも空腹に苛まれることになります。

そして、地獄はみなさんのイメージされる通り、もっとも苦しい世界です。

仏教が目指すところ

すべての生き物は無限にある前世と今世で背負った業によって、この六つの世界から次の転生先を決められました。簡単に言うと、良い事をして功徳を積めば上の世界に生まれ変わり、反対に悪い事や不道徳なことをすると、次はもっと苦しい下の世界に生まれ変わるということです。

転生し続けるかぎり、何度も苦しみを味わい続ける……当然ながら、苦しいのはイヤですよね。実は、この「輪廻」から抜け出す唯一の方法がありました。

それは「悟り」を開くこと。「悟り」を開き、心の迷いが解けて世界の真理を会得することで「解脱」する、つまり、「輪廻」からいのちが解放されるのでした。

仏教の最終的な目標はこの「悟り」を開いて「覚者」となり、苦しみに満ちた輪廻から「解脱」することです。

仏教でいう「悟り」は、あまたの迷いを越えて、真理を体得すること。悟りを開けば、この世の迷いや苦しみ、そして輪廻から逃れることができます。これを「解脱」といいました。

悟りに至るのは難しすぎる

しかし、「悟り」を開くのは簡単なことではありません。まず、悟るには迷いを断ち切らなければなりません。迷いとは、私たちが持つ「欲」のこと。あれがほしい、これが食べたい、などの物欲から、恋愛などの精神面にいたるまで。家や家族、お金に仕事と、生きるのに必要なものも含まれます。そのすべての欲を捨てなければなりませんでした。この時点でかなりの難題ですね。

かつて王子だったお釈迦様

image by PIXTA / 39552534

最初に悟りを開き、仏教を開いたのはお釈迦様(釈尊、ブッダ)です。お釈迦様は、もともとは古代インドに栄えたコーサラ国の属国シャーキヤ国の王子「ガウタマ・シッダールダ」でした。

ガウタマ・シッダールダは王子として何不自由なく育ち、当時最高の教育を受けて育ちましたが、老いや死の苦しみに気付いたことでそのすべてを捨てて出家します。

そうして、高名な師のもとで瞑想や苦行に励みましたが、それでは納得のいく答えが見つかりません。さらに自らを追い込む苦行を重ねていくのですが、最後には心身ともに弱りきってしまいます。今にも死んでしまいそうになったとき、スジャータという女性に乳粥を施されてなんとか生き延び、そうしてブッダガヤの菩提樹のもとで悟りの境地にいたりました。

出家から六年目のことです。聡明なガウタマ・シッダールダが、地位も家族もすべて捨て去り、修行にだけ専念してようやくたどり着いたのでした。仏教を開いたお釈迦様でも六年ですから、家族や仕事を持って生活している人たちには途方もなく遠い道のりになりますね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
riri_ririco