ヨーロッパの歴史世界史歴史

5分でわかる「レコンキスタ」なぜイスラム教とキリスト教の争った?歴史オタクがわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ。かつて、キリスト教諸国家とイスラム教王朝がイベリア半島をめぐって約800年ものあいだ続いた争いがあった。それをキリスト教国家側は「レコンキスタ」という。
今回はその「レコンキスタ」について歴史オタクのライターリリー・リリコと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

riri_ririco

ライター/リリー・リリコ

興味本意でとことん調べつくすおばちゃん。座右の銘は「何歳になっても知識欲は現役」。大学の卒業論文は義経をテーマに執筆。これまで宗教に関連する記事を投稿。今回はキリスト教とイスラム教が衝突した「レコンキスタ」についてまとめた。

1.ウマイヤ朝のイベリア半島侵略

image by PIXTA / 61743286

イベリア半島で繰り広げられた「レコンキスタ」

イベリア半島で繰り広げられた「レコンキスタ」。

今回のテーマとなる「レコンキスタ」。日本では「国土回復運動」とも言われます。言葉通り、これはイベリア半島(現在のスペインやポルトガルがあるヨーロッパ南西の半島)をイスラム教の国から、キリスト諸国家が取り返した戦争です。その期間は、718年から1492年の約800年にも及びます。

さて、約800年ものあいだ、いったいイベリア半島ではなにが起こっていたのでしょうか?

イスラム帝国「ウマイヤ朝」

「レコンキスタ」の発端は、イスラム教の帝国「ウマイヤ朝」がイベリア半島にあった「西ゴート王国(ビシゴート王国)」を征服したことにはじまります。

さて、このイスラム帝国「ウマイヤ朝」はいったいどこから来たのでしょうか?

そもそも、イスラム教を社会の中心とする「イスラム世界」はアラビア半島にはじまり、徐々に勢力を拡大しながらシリアやエジプト、モロッコなど地中海に面した地域にまで支配領域を拡大しました。そうして、ウマイヤ朝の時代には、アフリカ大陸とヨーロッパ大陸を隔てるジブラルタル海峡に至ります。ジブラルタル海峡を挟むと、アフリカとヨーロッパの距離は最短だとわずか14.4キロ。目視で両海岸が確認できる距離です。現代だとジブラルタル海峡を泳いで渡るチャレンジなんてものもありました。ちなみに、ジブラルタル海峡は世界史上で何度も登場する重要な場所なので、覚えておいて損はありません。

さて、ジブラルタル海峡にまで支配域を拡大したウマイヤ朝は、次にイベリア半島への侵略を行います。

イベリア半島「西ゴート王国」の滅亡

image by PIXTA / 69035266

当時、イベリア半島にはキリスト教を国教とするゲルマン系王国の「西ゴート王国(ビシゴート王国)」がありました。

ところが、711年にウマイヤ朝がイベリア半島に侵略を開始。西ゴートの王・ロデリックがスペイン南部で起こった「グアダレーテ湖畔の戦い」で戦死し、そのまま首都トレドが陥落した上に、多くの貴族が処刑されました。こうして西ゴート王国は滅亡したのです。

その後、ウマイヤ朝はどんどんイベリア半島を征服していきました。生き残った西ゴート王国の一部残党勢力が抵抗を続けたものの、それも718年には滅亡してしまいます。そんななか、イベリア半島北西部に逃れた西ゴート王国の貴族の生き残り「ペラーヨ」は、現地のアストゥリアス人と組んで蜂起し、718年に「アストゥリアス王国」を建国。ウマイヤ朝への反抗の兆しを見せ始めたのです。

ウマイヤ朝支配下のイベリアのキリスト教徒

一方、西ゴート王国を滅ぼし、新たな支配者となったウマイヤ朝。彼らはイベリア半島をアル=アンダルスと名付けて支配をはじめます。

しかし、イスラム教を国教としていましたが、彼らはイベリア半島の人々に対して改宗を迫ったりはしませんでした。宗教に対して寛容だったわけですね。ただし、改宗しない代わりにジズヤ(イスラム教徒でない人に課せられる人頭税)を納めさせます。ジズヤを納めれば、キリスト教でもユダヤ教でも好きに信仰することができたのです。

ただ、イスラム教の国なので、やっぱりイスラム教徒が第一ですよね。そのため社会的差別が行われ、耐えかねたものがイスラム教へ改宗することも多々。あるいは、高いジズヤを払えずに逃げ出す人もたくさんいました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
riri_ririco