国語言葉の意味

【慣用句】「耳が早い」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「耳が早い」について解説する。

端的に言えば耳が早いの意味は「情報を聞きつけるのが早い」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国語力だけでこれまでの社会人生活を乗り切ってきたライター、ヤザワナオコに「耳が早い」の意味や例文、類語などを説明してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤザワナオコ

コールセンターの電話応対指導やマナー講師、テレビ番組の字幕製作経験もあるライター、ヤザワナオコ。井戸端会議的にうわさ話をするのは好きではないらしく、耳が早いタイプではないとのこと。そんなヤザワナオコに「耳が早い」とはどんなときに使う言葉なのか解説してもらう。

「耳が早い」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「耳が早い」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「耳が早い」の意味は?

「耳が早い」の意味は、辞書では次のようになっています。

物音や世間のうわさなどを聞きつけるのが早い。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

クラスや会社内のちょっとした情報を「どこから?」「いつのまに?」と思うほど早く聞き込んでくる人いますよね。いち早くニュースを知らせてくれて便利なこともありますが、あまり情報に踊らされないようにしたいものです。

ちなみに意味としては「物音」も含まれますが、日常の話し言葉で「耳が早い」と使われる際は、単なる物音よりも新しい情報や隠れた噂話などを指す場合が多いように感じます。

「耳が早い」の語源は?

次に「耳が早い」の語源を確認しておきましょう。当然ながら、情報を入手するのが素早い様子を「聞きつける」道具ともいえる耳を使って比喩的に表しています。耳そのものが意思を持って「早く聞こう」と考えるわけではありませんが、このような成り立ちの慣用句はほかにもよくありますよ。

例えば、「目が肥える」。よいものを見ることに慣れていると、自然と物を見分ける力が身につく、というような意味です。これも物を見分ける道具である目というひと言で「目利きの力」という意味を表しています。

「耳が早い」の使い方・例文

「耳が早い」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

・彼は専門サイトにコラムを掲載しているだけあって耳が早い。

・グルメな彼女は、雰囲気がいいレストランの新メニューについては耳が早い。

・耳が早い彼は、人事異動を事前に知っていた。

例文を見ても分かるとおり、この慣用句は「聞きつけるのが早い」ことを単純に表しているだけで、そのことに対する「良い、悪い」といった価値判断は含みません。情報入手の素早さに単純に驚いた場合をはじめ、熱心さへの尊敬を表したい場合にも使えます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: