国語言葉の意味

【慣用句】「手を染める」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「手を染める」について解説する。端的に言えば「手を染める」の意味は「物事に取り掛かること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
教師や講師としても教えることに関わってきた「やぎしち」を呼んだ。一緒に「手を染める」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/やぎしち

雑学からビジネス文章まで手掛ける現役ライター。国語の中学・高校教諭の資格も持ち、予備校講師の経験も。言葉を大切にした文章を心掛けている。

「手を染める」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「手を染める」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「手を染める」の意味は?

「手を染める」には、次のような意味があります。

関係をもちはじめる。手をつける。「相場に―・める」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「手を染める」

この言葉は「何かあることを始める、着手する。事業などに関係を持つ」という意味の慣用表現です。

「手」には、物事を始めたり、取り掛かるという意味を持つことが多く、似た慣用句として「手を付ける(取り掛かる)」「手を下す(自分で物事を行うこと)」などがあります。「着手」という言葉もありますね。合わせて押さえておきましょう。

よく使われる言い方として、「悪事に手を染める」という表現を聞いたことがあるでしょうか。「染まる」という意味から、濃い色がつく=悪事と捉えられやすいのかもしれませんが、悪いことに限定はされていないことも押さえておきましょう。悪事に関する慣用句としては「足を洗う(悪事から手を引く)」があります。「手」と「足」の類似もあるため、混同にも注意が必要です。

「手を染める」の語源は?

次に「手を染める」の語源を確認しておきましょう。これは「染める」が「初(そ)める」と同じ意味を持っていたことから作られた言葉のようです。「初」は「何かを始める」ということ。「染める」で考えれば、「色を付け始める」という意味で使われていますね。

先に述べたように「手」には「何かにとりかかる」ニュアンスを持つことも多く、「初める」と合わせて使われるようになったと考えられます。それが、染物などで染料が手について落ちなくなるイメージから「染め」に変化し、また「なかなか抜け出せない(特に悪事から)」という限定された使われ方として捉えられるようになったのでしょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: