この記事では「胸をなで下ろす」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「feel/be relieved」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC850点で、オーストラリアに住んで10年になるライターakikoを呼んです。一緒に「胸をなで下ろす」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/akiko

日本では英文学、オーストラリアでは国際貿易とマーケティングを専攻。シドニーに住んで10年、ネイティブが実際に使う自然な英語を紹介する。

「胸をなで下ろす」の意味と使い方は?

「胸をなで下ろす」というフレーズ、日常的によく使われる慣用句の一つですね。英語でも同様の表現はあるのでしょうか。まずは「胸をなで下ろす」の日本語の意味と使い方を見ていきましょう。

「胸をなで下ろす」の意味

辞書によると「胸をなで下ろす」には、次のような意味があります。

心配事が解決してほっとする。安心する。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「胸をなで下ろす」

「胸をなで下ろす」の使い方・例文

「胸をなで下ろす」とは「心配事が解決してほっとする。安心する。」という意味なのですね。次に「胸をなで下ろす」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.無くしていた結婚指輪を見つけて胸をなで下ろす
2.ようやく就職が決まって胸をなで下ろした
3.プロジェクトが成功してほっと胸をなで下ろす

\次のページで「「胸をなで下ろす」の英語での表現は?」を解説!/

「胸をなで下ろす」の英語での表現は?

image by iStockphoto

日本語の意味と使い方を復習したところで、いよいよ英語での表現を見ていきましょう。

「胸をなで下ろす」の英語表現「feel/be relieved」

「胸をなで下ろす」は「feel relieved」または「be relieved」で英訳ができます。「relieved」は「ほっとして」「安心して」という意味の形容詞です。「relieved」にかかる動詞の「feel」と「be」はどちらもよく使われ、意味に変わりはありません。

「feel/be relieved」の後ろは「to 動詞の原形」や「that」で繋げて、胸をなで下ろした要因について説明しましょう。

1.She felt relieved to hear from her daughter who was involved in a car accident.
交通事故に会った娘から連絡が来て、彼女は胸をなで下ろした

2.I feel relieved that my surgery went well.
手術が上手くいって胸をなで下ろす

3.He was relieved to be able to submit his assignment by the due date.
期限までに課題を提出できて彼は胸をなで下ろした。

似た表現その1「relief」

「relieved」は名詞だと「relief」になります。「relief」は「ほっとすること」「安心」という意味です。

例文1のように「to someone's relief」で「○○がほっとしたことには」という意味で使われたり、例文2のように「it’s a relief that 〜」または「it’s a relief to 〜」で「〜でほっとする」のように使われます。

例文3の「a sigh of relief」は「安堵のため息」という意味の熟語で、こちらもよく出てくる表現なので一緒に覚えましょう。「breath」や「give」といった単語と一緒に使います。

1.To my relief, my boss seems to forget about my mistake.
上司が自分のミスを忘れているようで胸をなで下ろす

2.I didn't want to go to the party by myself so it was a relief that he’s coming with me.
パーティーに一人では行きたくなかったので、彼が一緒に来てくれるということでほっと胸をなで下ろした

3.We all breathed a sigh of relief when the big typhoon passed.
大型の台風が過ぎ去った時、私たちはみんなほっと胸をなで下ろした

\次のページで「似た表現その2「reassure」」を解説!/

似た表現その2「reassure」

他にも「reassure」でも似たような意味を表現することができます。「reassure」は「安心させる」「不安をなくす」という意味の動詞です。

「安心する」という意味で使う場合は、例文2のように「be reassured」と受け身にしたり、例文3のように「reassure oneself」、つまり「自分自身を安心させる」というように表現しましょう。

1.He told me a silly joke just to reassure me.
彼は私を安心させる為にくだらない冗談を言った。

2.I was reassured to know he was safe.
彼の無事を知って胸をなで下ろした

3.She reassured herself that her son finally got a job.
彼女は息子がついに就職して安心した

「胸をなで下ろす」を英語で言ってみよう

この記事では「胸をなで下ろす」の意味・使い方・英訳を説明しました。試験が上手くいった、連絡が取れなくて心配していた友達から連絡が来た、予算を達成した、などほっとして胸をなで下ろすようなシチュエーションで、ここで紹介したフレーズがパッと出てくるようにぜひ練習してみてくださいね。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 【英語】「胸をなで下ろす」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説! – Study-Z
英訳英語

【英語】「胸をなで下ろす」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

この記事では「胸をなで下ろす」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「feel/be relieved」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC850点で、オーストラリアに住んで10年になるライターakikoを呼んです。一緒に「胸をなで下ろす」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/akiko

日本では英文学、オーストラリアでは国際貿易とマーケティングを専攻。シドニーに住んで10年、ネイティブが実際に使う自然な英語を紹介する。

「胸をなで下ろす」の意味と使い方は?

「胸をなで下ろす」というフレーズ、日常的によく使われる慣用句の一つですね。英語でも同様の表現はあるのでしょうか。まずは「胸をなで下ろす」の日本語の意味と使い方を見ていきましょう。

「胸をなで下ろす」の意味

辞書によると「胸をなで下ろす」には、次のような意味があります。

心配事が解決してほっとする。安心する。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「胸をなで下ろす」

「胸をなで下ろす」の使い方・例文

「胸をなで下ろす」とは「心配事が解決してほっとする。安心する。」という意味なのですね。次に「胸をなで下ろす」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.無くしていた結婚指輪を見つけて胸をなで下ろす
2.ようやく就職が決まって胸をなで下ろした
3.プロジェクトが成功してほっと胸をなで下ろす

\次のページで「「胸をなで下ろす」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: