国語言葉の意味

【慣用句】「体を張る」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「体を張る」について解説する。

端的に言えば体を張るの意味は「命がけで行動すること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「体を張る」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「体を張る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「体を張る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「からだをはる」です。

「体を張る」の意味は?

「体を張る」には、次のような意味があります。まずは、国語辞典にかかれている内容を確認してから、詳しい意味までチェックしていきましょう。

1.命懸けで事に当たる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「体を張る」

辞書の意味にあったように、一身をなげうってでもという想いで行動するという意味です。「たった一つしかない自分の身に何があっても構わない」という決意やこだわりなどの存在が原動力になっています。

また、その決意やこだわりは自分一人のためというよりも、別の人のためであったり、チームなど自分を含む複数のためであったりということもありますよ。自分以外の人のために命懸けになるということにより、表現としては強調されます。

「体を張る」の語源は?

次に「体を張る」の語源を確認しておきましょう。

「体を張る」の由来は、「張る」の意味合いと深く関連します。「張る」の物理的な意味に「大きく広がる」「はちきれそうになる」「突き出している」などがありますが、この場合は精神的な意味としての「張る」がポイントです。

精神的な意味合いの「張る」には、「決意する」「覚悟する」「一度決めたら貫き通す」といったニュアンスが含まれています。何物にも代えがたい自らの肉体を投げ出してでも、決意したことをやり遂げたいということにつながっていますよ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810