タンパク質と生物体の機能理科生物

生体内の超重要物質ヌクレオチドを総おさらい!現役講師が解説!

よぉ、桜木建二だ。この記事では生物の体内で重要なはたらきをしている物質、ヌクレオチドについて学んでいこう。

ヌクレオチドとはいったいどんな物質か、君は端的に説明することができるだろうか?基本的なヌクレオチドの構造や、どんなところにヌクレオチドが使われているかが把握できるようになっておきたいな。

大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yu_onozuka

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

ヌクレオチドとは?

ヌクレオチド(nucleotide)とは、糖にリン酸と塩基が結合した化合物(分子)のことをさします。

生物が自身の遺伝情報を伝えるために利用しているDNARNA(核酸)の構成単位としてよく知られた存在です。また、代謝を行う際に深く関係するADPATPといった物質も、構造を確認するとヌクレオチドの一種だということに気づきます。

image by Study-Z編集部

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

DNAにも代謝にも使われるとは…生物の機能にとって欠かせない化合物なんだな。

DNAやRNA、ATPやADPについては後ほどご紹介します。

まずは、ヌクレオチドを構成する3つの要素=『糖』『リン酸』『塩基』についてもう少し詳しく見てみましょう。

ヌクレオチドの構成要素

基本的に、ヌクレオチドに使われている糖は、デオキシリボースまたはリボースです。

デオキシリボースとリボースは、どちらも5つの炭素でできた環がベースとなっている五炭糖(ペントース)。両者のちがいは分子中の酸素の数にあります。デオキシリボースの方がリボースよりも一つ酸素が少ないのです。

ヌクレオチドの構成成分としてデオキシリボースがつかわれているものをデオキシヌクレオチド、リボースがつかわれているものをリボヌクレオチドとよんだりもします。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

後ほど改めて紹介してもらうが、DNAを構成しているヌクレオチドはデオキシリボースをつかったもの(=デオキシヌクレオチド)、RNAを構成しているヌクレオチドはリボースをつかったもの(=リボヌクレオチド)だ。

DNAやRNAの頭文字が糖の名前の頭文字に対応しているぞ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yu_onozuka