国語言葉の意味

【慣用句】「商いは牛の涎」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターがわかりやすく解説!

「Keep your shop and your shop will keep you」

こちらも英語のことわざになります。「Keep your shop and your shop will keep you」は直訳すると「あなたがお店を大切にすれば、お店もあなたを大切にしてくれる」という意味。すなわち、「お店で地道に働いていれば貧乏になることはない」と解釈することができますね。「商いは牛の涎」と意味が離れてしまうような印象ですが、商売を続けていく限り、仕事を失うことはないわけです。目先の利益に捉われず、地道に商売をしていくことを考えれば、近い表現だといえるでしょう。

「商いは牛の涎」を使いこなそう

この記事では「商いは牛の涎」の意味・使い方・類語などを説明しました。「商いは牛の涎」は、先人が残してくれた商売の教訓といえます。ただし、業種によっては、細く長く続けていく考えが現実的ではなく、むしろ実践すべき教訓ではないかもしれません。だからこそ、商売をするにあたって大事なのは、何を目標とするかではないでしょうか。「商いは牛の涎」が正しいと証明するかのように、現代でも愛される飲食店や企業は数多く存在します。一つの技術を極めたいのなら、ぜひ「商いは牛の涎」を心構えとして使ってみてください。

1 2 3 4
Share: