国語言葉の意味

【慣用句】「商いは牛の涎」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターがわかりやすく解説!

「商いは牛の涎」の使い方・例文

「商いは牛の涎」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.商いは牛の涎というように、欲ばかりを優先してはいけないよ。

2.お店を長く続けたいなら、商いは牛の涎と心得ておくべきだろう。

3.商いは牛の涎を肝に銘じていたおかげで、長年事業を続けることができた。

「商いは牛の涎」は教訓として、商売を始める人へアドバイスとして使うことができます。ほかにも、自身の心構えとして使ってもいいですね。「牛の涎」というと汚いイメージを持つ方もいるかもしれませんが、商人たるもの遊び心も大事だということでしょう。まずは無理せず、できる範囲で細く長く地道に続けていくことを目標にしてみてはいかがでしょうか。そして、本当のチャンスが巡ってきた時に奮起すればよいはずです。

せっかく始めた商売なわけですから、すぐに諦めず辛抱強くやっていくことで新たな気づきもあるかもしえません。「商いは牛の涎」は商売を続けるコツとして、忘れてはいけない心構えといえるでしょう。

「商いは牛の涎」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

では、「商いは牛の涎」の類義語や違いをみていきましょう。

「商い三年」

「石の上にも三年」ということわざがあるように、商売にも「商い三年」という言葉があります。意味は、商売で利益を上げるには三年かかるということ。つまり「商売は最低でも三年は辛抱しなさい」ということになりますね。商売によっては開業してすぐに儲けが発生するかもしれません。しかし、大変なのは利益を継続させること。軌道にのるためにも、三年続けなければ商売はものにできないということでしょう。「商いは牛の涎」と同様に、商売は辛抱が大事だといえます。

\次のページで「「粒粒辛苦」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: