理科環境と生物の反応生物

3分で簡単「自己免疫疾患」免疫が自分の体を攻撃してしまうの?医学系研究アシスタントがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。「免疫」という言葉は聞いたことがある人がほとんどだと思う。免疫は我々の体内で感染症などから守ってくれているが、時として、免疫が異常に働いて様々な疾患をもたらすことがあるのだ。そのことについて医学系研究所の研究アシスタントのmimosa(ミモザ)と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/mimosa

もともと文系出身で、独学で生物学、生化学を勉強し、現在医学系研究所の研究アシスタントとして理系の世界へ飛び込んだ。理科が苦手な方へも興味を持ってもらうべくわかりやすい説明を心掛けている。

私たちのからだを守ってくれる免疫機能とは

私たちのからだを守ってくれる免疫機能とは

image by Study-Z編集部

免疫とは、外部から侵入してきた異物に対する生体の防御機構のことですよ。体内に侵入した病原体を破壊したり、病原体から産生される毒素を除去します。正常細胞の突然変異によって生じた異常細胞を破壊する役割がありますよ。免疫に様々な細胞・物質が関わっているので、下記免疫に関係する重要語句を説明しますね。

白血球は聞いたことがある人は多いと思います。その中の好中球や単球は、貪食作用によって、微生物を食べるように破壊しますよ。リンパ球も聞いたことがある人は多いと思います。その中にT細胞、B細胞があり、T細胞は細胞性免疫、B細胞は液性免疫にかかわっていますよ。また、リンパ球の一種であるナチュラルキラー(NK)細胞は腫瘍細胞やウイルスに感染した細胞を破壊する役割がありますよ。

また、血漿中に存在するサイトカインは細胞増殖や細胞分化、細胞死を誘導することによって細胞機能をコントロールしていますよ。組織中に存在するマクロファージ、樹状細胞は、非自己を認識し、またマクロファージは好中球と同じように貪食作用がありますよ。抗体(免疫グロブリン)については下記の「獲得免疫」のところで詳しく説明しますね。

細胞性免疫と液性免疫

細胞性免疫と液性免疫

image by Study-Z編集部

細胞性免疫とはT細胞が関与していますよ。抗原提示細胞(マクロファージ、樹状細胞、B細胞など)からサイトカインを介してT細胞の一つであるヘルパーT細胞(Th0)に情報が伝えられ、ヘルパーT1(Th1)細胞とヘルパーT2(Th2)細胞を活性化させることによって細胞免疫と液性免疫が働きます。細胞性免疫ではT細胞からインターロイキンやインターフェロン(サイトカインの種類)が放出され、ウイルスに感染した細胞や抗原を直接攻撃しますよ。

液性免疫とはB細胞が関与していますよ。抗原提示細胞やヘルパーT細胞から情報を受け取ったB細胞が活性化され、形質細胞に分化して抗体を産生します。抗体が抗原と結合することで、抗原の毒性がなくなる、もしくは弱められ、病気として発症しなくなりますよ。抗体の免疫グロブリンはIgA, IgD, IgE, IgG, IgMの5種類。その中でもIgEはアレルギーに関与していますよ。

抗体・抗原とは 

image by iStockphoto

抗原は病原性のウイルスや細菌、花粉、そば、たまごなどの生態に免疫応答を引き起こす物質で、抗体は、体内に入った抗原を体外へ排除するためにつくられる免疫グロブリンというタンパク質の総称です。免疫グロブリンの他にも、血漿中のγ(ガンマ)‐グロブリン、Ig(アイジー)とも言われます。特定のタンパク質などの分子(抗原)を認識して、排除する働きを担いますよ。抗体は主に血液中や体液中に存在しますよ。抗体と抗原は免疫系では重要な語句になってくるので、整理しておきましょうね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

このようにして、免疫系は我々の体を感染症などから守っているのだな。しかし、我々の体も守ってくれるはずの免疫系が異常をきたすこともある。次の章から、免疫機能の異常について説明していくぞ。

免疫機能の異常

image by iStockphoto

私たちのからだを守ってくれるはずの免疫系ですが、異常を起こすと自己を攻撃してしまい、その結果さまざまな障害がおきてしまいます。その異常による障害は、免疫反応が局所的もしは全身に過剰に起こってしまうアレルギーと免疫の機能が著しく低下した状態で発症する免疫疾患に分けられますよ。以下の章で詳しく説明していきますね。

抗原と抗体の反応は、私たちにとって病気の予防と発症の二面性を示します。例えば、ワクチンは、無毒化した病原性細菌やウイルスを投与することで、体内で病原体に対する抗体産生を促し、感染症に対する免疫を獲得しますよ。一方、アレルギーや花粉症は、アレルギーを引き起こす抗原に対して作られた抗体に体が過剰反応する病気です。また、免疫には、自己と非自己抗原を区別する機構があり、自らの細胞には反応しない仕組みが備わっていますが、誤って自らの細胞(自己抗原)に対して抗体が作られてしまうと、自らの組織が抗体に攻撃され病気が誘発されることがあります。これを自己免疫疾患と呼びますよ。詳しくは、下記説明していきますね。

\次のページで「アレルギー」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: