国語言葉の意味

【慣用句】「縁起でもない」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「縁起でもない」について解説する。

端的に言えば縁起でもないの意味は「不吉であること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

小説や記事の執筆経験がある中低青黄を呼んだ。一緒に「縁起でもない」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/中低青黄

読み方は「たかなしみどり」。大学生ライター。大学生活のかたわら、インターンにて記事の添削を行う。その他にも小説や記事の執筆など、「書くこと」に多く携わっている。

「縁起でもない」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「縁起でもない」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「縁起でもない」の意味は?

「縁起でもない」には、次のような意味があります。

・不吉で縁起が悪い。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「縁起でもない」

「縁起でもない」という言葉は基本的に辞典上では、「不吉さ」や「縁起の悪さ」を示す慣用句として扱われています。もちろんその意味が正しいのは間違いありません。

しかし、日常生活で「縁起でもない」という言葉を聞くのはたしなめられる時がほとんどなのではないでしょうか。

たとえば、病気の人に「あの人もう死んじゃったりして」などと口にしたら、親に「縁起でもない!」などと言われることでしょう。この場合、「縁起でもない」をそのまま「不吉だ!」と読み解くと若干の違和感があります。

ではこの場合、どのように読み解くのが正解なのでしょう。この「縁起でもない!」という言葉は、ある台詞が省略された形だと読み解くのが最もわかりやすいでしょう。この「縁起でもない」の後には「ことを言うな」という言葉が隠れています

つまり、この「縁起でもない」という言葉には不吉なことそのものの意味の他に、「不吉な発言をたしなめる」意味も内包されていると見るのが妥当でしょう。

「縁起でもない」の「縁起」って何?

「縁起でもない」という言葉を真に理解するために、「縁起」の意味を正確に理解する事が大切です。それでは早速、縁起の意味を見ていきましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: