国語言葉の意味

【慣用句】「血で血を洗う」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「血で血を洗う」について解説する。

端的に言えば「血で血を洗う」の意味は「争いに争いで応えること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

教師や講師としても教えることに関わってきた「やぎしち」を呼んだ。一緒に「血で血を洗う」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/やぎしち

雑学からビジネス文章まで手掛ける現役ライター。国語の中学・高校教諭の資格も持ち、予備校講師の経験も。言葉を大切にした文章を心掛けている。

「血で血を洗う」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「血で血を洗う」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「血で血を洗う」の意味は?

「血で血を洗う」には、次のような意味があります。

《「旧唐書」源休伝から》
1 殺傷に対して、殺傷で応じる。「―・う抗争」
2 血のつながっている者どうしが争う。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「血で血を洗う」

この言葉は「暴力には暴力、悪いことには悪いことで応える」という意味の慣用表現です。「血を、更に血で」と、繰り返す・やり返すという意味合いが含まれています。

血が繋がっている者たちで争う」意味で使うこともでき、その場合、色々な思惑が入り乱れた、ドロドロした戦いが繰り広げられていることまで想像できるでしょう。

「復讐は何も生まない」などと言ったりもしますが、やり返すことによってまたやり返しを呼ぶ、終わりのない苦しい戦いを連想させる表現です。戦いと言っても正々堂々ではなく、ネガティブな意味合いが強い言葉と覚えておきましょう。

「血で血を洗う」の語源は?

次に「血で血を洗う」の語源を確認しておきましょう。この言葉は中国の歴史書『旧唐書(くとうじょ)』に見ることができます。

「吾(われ)また汝を殺さば、猶(なお)血を以て血を洗うがごとく」という記述があり、叔父を殺された王様が、自分が相手を殺せば「血で血を洗う(ようなひどい)」ことになってしまう、と述べているのです。

由来の時点で、殺害に対して殺害をする「報復」という意味で使われていたことがわかりますね。「血族間での争い」という意味はありませんでしたが、「血」という言葉のイメージから「血族・血統」というニュアンスで、意味が拡大されたのかもしれません。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: