国語言葉の意味

【慣用句】「火花を散らす」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「火花を散らす」について解説する。

端的に言えば火花を散らすの意味は「お互いに激しく勝負を争うこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「火花を散らす」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「火花を散らす」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「火花を散らす」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「ひばなをちらす」です。

「火花を散らす」の意味は?

「火花を散らす」には、次のような意味があります。国語辞典で正確な意味をつかんでから、詳しい意味を一緒に見ていきましょう。

1.互いに激しく刀を打ち合わせて戦う。転じて、激しく争う。火を散らす。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「火花を散らす」

お互いに真っ向から激しい戦いを繰り広げているという意味です。敵対して争っていることを互いが認識し、また、そのことを周囲に隠すこともないという状況を表しています。その戦いの激しさについては、互いに遠慮することなくやりあっているようすのことです。

その他、まだ実際に何らかをやり合う前に「火花を散らす」と言うこともありますが、すでに敵対関係は成立しており今にもやり合おうという状況を表しています。

「火花を散らす」の語源は?

次に「火花を散らす」の語源を確認しておきましょう。

「火花を散らす」とは、刀と刀がぶつかり合って、火花が飛び散るようすに由来します。火花が飛び散るということは、それだけ激しく切りつけ合いの応酬をしているということです。

また、刀と刀がぶつかり合うということは、互いに正面を向いて戦っているということでもあります。虚を突いて背後からとか、遠くから鉄砲で狙ってということではなく、正面切って戦っていることをイメージさせますね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810