国語言葉の意味

【慣用句】「藪蛇」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「藪蛇」について解説する。

意味を端的に言えば藪蛇の意味は「余計なことをした結果、災いを招くこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

小説や記事の執筆経験のある中低青黄を呼んだ。一緒に「藪蛇」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/中低青黄

読み方は「たかなしみどり」。大学生ライター。大学生活のかたわら、インターンにて記事の添削を行う。その他にも小説や記事の執筆など、「書くこと」に多く携わっている。

「藪蛇」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「藪蛇」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「藪蛇」の意味は?

「藪蛇」には、次のような意味があります。

よけいなことをして、かえって自分にとって悪い結果を招くこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「藪蛇」

「藪蛇」、少し漢字が難しいのでまず読み方をお教えしたいと思います。読み方は「やぶへび」。普段の会話の中で聞いたことあるという方も多いのではないでしょうか。

実はこの言葉、あることわざを略した慣用句なんです。そのことわざは「やぶを突いて蛇を出す」。それを知ると、「藪蛇」の意味をより理解しやすくなります。

藪とは、草木などの植物が生い茂っている場所。しげみとも表せます。とくに何もしなければ何も起こらないのに、そこを突っつくことで危険な蛇が飛び出してくる様子から、余計なことが不幸を招くことを表現しているのです。

「藪蛇」の使い方・例文

「藪蛇」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、実際の場面では以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: