国語言葉の意味

「目が回る」とめまい「目を回す」と気絶、忙しいのはどっち?意味や使い方・類語などを語学系主婦ライターがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では「目が回る」という言葉を説明する。
「目が回る」は文字通り、目が回ってくらくらすること、また忙しい様を表現する慣用句だ。話し言葉・文書でもよく使われるからしっかり理解しよう。
今回、語学系主婦ライターの小島ヨウを呼んだ。一緒に詳しい意味や使い方、例文などを解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/小島 ヨウ

言葉の使い方、漢字の意味に興味を持ち、辞典で調べまくるアナログ主婦ライター。分かりやすく、読みやすい文章を心がけている。

「目が回る」の意味と使い方

image by iStockphoto

「目が回る」は慣用句、比ゆ的な表現と思う方も多いと思いますが、実際に「目が回る」症状もあります。どうゆう状態なのか、意味を詳しくみていきましょう。

「目が回る」の意味

では「目が回る」の意味を辞書で調べてみます。

1.めまいがする。目がくらむ。
2.非常に忙しいようすの形容。

出典:デジタル大辞泉(小学館)(めがまわ・る【目が回る】)

1.の意味「めまい」は天井や床また自分がくるくる回っている感覚で誰にでも起こります。回転性の遊具に乗った後、ふらふらするのが「目が回っている」状態、しばらくすると落ち着きますが気持ち悪いですよね。耳の病気、免疫力の低下、ストレスからめまいを起こすことがあります。ひどい場合は医療機関に受診しましょう。

2.「目が回る」は忙しいことのたとえ、よく使われています。

「目が回る」と「目を回す」の違い

「目」が使われる慣用句は多々ありますが。「目が回る」と意味が混乱する慣用句が「目を回す」ではないでしょうか。「目を回す」は気絶・気を失うこと、そして比ゆ的に使われる場合は忙しすぎてあわてふためくこと。よって「目が回る」よりも「目を回す」の方が重症、意味が重大です。気を失うほどあれこれ忙しい状態なんて、おそろしいですね。

「目が回る」の使い方・例文

では、意味が分かったので、使って確認しましょう。

1.激しい運動で脱水症状になり、目が回った。
2.仕事納めの師走、目が回るように忙しかった。
3.新生児と家事に仕事、新米ママは目が回るようだった。

1.は単純に「めまい」としての例文。熱中症を予防するためにも水分補給は重要ですね。2.と3.は「忙しさ」を表現する比ゆ的な用法です。「目が回る」だけでも表せますが、「目が回るように忙しい」と強調形容する表現でよく使われます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

めまいは「目眩」「眩暈」と書く難読漢字だぞ。「眩」は「ゲン/くら・む、まぶ・しい」と読み、まぶしくて目の前が暗くなる状態をいう。また「暈」は「かさ/ぼか・す」と読み、太陽や月の周りに出来る薄い光の環、また、ぼんやりさせること。どちらも一字でも「めまい」を表す。覚えて語彙力を上げよう。

\次のページで「「目が回る」の類語はなんだろう?」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: