国語言葉の意味

【慣用句】「青雲の志」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「青雲の志」について解説する。

端的に言えば「青雲の志」の意味は「高い地位を目指す志のこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

毎年60冊以上本を読み込んでいるヤマゾーを呼んだ。一緒に「青雲の志」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤマゾー

ビジネス本を中心に毎年60冊読破。本を通じて心に響く生きた日本語を学ぶ。誰にでも分かりやすい説明で慣用句を解説していく。

「青雲の志」の意味・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「青雲の志」の意味や使い方を見ていきましょう。

「青雲の志」の意味は?

「青雲の志」には、次のような意味があります。

功名を立て、立身出世をしようとする志。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「青雲の志」

「青雲(せいうん)」とは「青空」のこと。よく晴れた青い空をイメージするとよいでしょう。ほかにも、地位や学徳が高いことを「青雲」と例えることができます。学徳とは、学問と徳行のこと。徳行とは道徳にかなった行為、すなわち「正しい行い」だと考えてください。「志(こころざし)」とは「心に決めた目的」や「目指す気持ち」という意味です。

「青雲の志」は、簡単に言ってしまえば、人に誇れるような地位を目指すということ。社会的に高い地位に就こうとする志のことを「青雲の志」と言うようになりました。四字熟語で「青雲之志」と書いても問題ありません。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「青雲の志」という言葉あるように、社会的に良い地位に就いた人は「青雲の士(し)」というそうだ。ほかにも、学徳が高い人のことを「青雲の士」と呼ぶこともある。「士」とは、尊敬に値する人物を指す言葉だ。「青雲の志」を抱いたのなら、最終的には「士」となりたいものだな。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: