国語言葉の意味

【慣用句】「煮え湯を飲まされる」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「煮え湯を飲まされる」について解説する。

端的に言えば「煮え湯を飲まされる」の意味は「裏切られて痛い目にあうこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

教師や講師としても教えることに関わってきた「やぎしち」を呼んだ。一緒に「煮え湯を飲まされる」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/やぎしち

雑学からビジネス文章まで手掛ける現役ライター。国語の中学・高校教諭の資格も持ち、予備校講師の経験も。言葉を大切にした文章を心掛けている。

「煮え湯を飲まされる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「煮え湯を飲まされる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「煮え湯を飲まされる」の意味は?

「煮え湯を飲まされる」には、次のような意味があります。

信用していた者に裏切られてひどい目にあう。

出典:大辞林 第三版(三省堂)「煮え湯を飲まされる」

この言葉は、「自分が信じていた相手に裏切られて、ひどい目にあう」という慣用表現です。「煮え湯」とは熱湯のこと。そんなものを飲まされたら、火傷では済みませんね。受身形でなければ、「煮え湯を飲ませる」という表現で「相手を裏切る」と言うことも出来ます。

ここで注意したいのは「裏切られて」という点。熱湯を飲まされるイメージで、ただ単に「ひどい目にあう」とするのは誤りです。詳しくは使い方の項も確認してみてください。

この誤用については、文化庁のホームページにも掲載されるなど一般的な話題になっています。このように取り上げられるているものは、試験問題として出題されやすいことにも留意が必要です。誤った意味を引っ掛けで選ばせる問題などが予想されます。しっかりと押さえておきましょう。

「煮え湯を飲まされる」の語源は?

次に「煮え湯を飲まされる」の語源を確認しておきましょう。これは明確な由来はなく、言葉のイメージから作られた表現のようです。

「煮え湯」ですから、グラグラと沸き立っているイメージでしょうか。よほど熱い、と表現したかったのでしょう。さらに「飲まされる」と受身形なところにも、被害を受けた感じや、熱さに驚いていることが読み取れます。

このように、あまりに熱く、更に自分ではそうと思っていなかったのに飲まされた=裏切られたというニュアンスになったのでしょう。

日本ではお茶の文化が広く浸透していましたから、「お湯」は熱々のお茶の可能性もあります。もしかすると、殿様や将軍が信じていた相手や部下に裏切られて、ということをたとえた表現だったのかもしれません。

そんな想像をしてみると、「裏切られて」という意味も覚えやすくなるでしょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: