国語言葉の意味

【慣用句】「すねをかじる」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「すねをかじる」について解説する。

端的に言えばすねをかじるの意味は「成長しても親に頼り養ってもらう」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好きで歴史好き、名古屋出身で5年間のライター経験を持つeastflowerを呼んだ。一緒に「すねをかじる」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/eastflower

今回の記事を担当するのは語学好きで英語、中国語が得意な5年目のライター、eastflower。「すねをかじる」の言葉の起源やどんな場面で使えるのかをわかりやすく解説していく。

「すねをかじる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「すねをかじる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「すねをかじる」の意味は?

まずは、「すねをかじる」の辞書の意味から見ていきましょう。

1. 自分で独立して生活することができないで、親または他人に養ってもらう。

出典:日本国語大辞典(精選版)「脛を齧る」(すねをかじる)

「すねをかじる」の「すね」とは漢字では「脛」と書かれ、身体の膝(ひざ)から足首までの間のことを言います。体のどの部分が悪くても不都合が生じますが、「すね」があるからこそ、人は移動することができ、必要な場所へ到達できてコミュニケーションをとることができるのです。「すね」がなければ仕事へ行くこともできないので収入を得るのに大切な部分ですよね。昔から「すね」は「労働する」の意味で使われてきた言葉でもありました。「すねをかじる」は大切な糧(かて)となる部分をかじられてしまうことですから、否定的な意味合いで使われることばと言ってもいいでしょう。

「すねをかじる」の語源は?

次に「すねをかじる」の語源を確認しておきましょう。

昔、「すね」に関わる用語に「腕一本、脛一本」(うでいっぽん、すねいっぽん)という慣用句がありました。「腕」は技能の象徴であり努力によって能力を伸ばすことができます。一方、「すね」は、人が移動するための大切な部分であるのとともに「労働できること」の象徴でした。「腕一本、脛一本」は、「財産や地位がなく、自分の身体以外に頼るべきものがないこと」の意味で使われてきましたが、逆に考えると「腕一本、脛一本」があるからこそ、未来を切り開いていける可能性を秘めていたのです。この「腕一本、脛一本」をもとに、江戸に入ると「すねをかじる」という言葉も広く使われるようになったと考えられています。辞書に記載されているとおり、「すねをかじる」は「独立して一人で生活できずに親や他人に頼って養ってもらう」ことをいうのですね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: