国語言葉の意味

【慣用句】「眉唾もの」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学部卒ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「眉唾もの」について解説する。

端的に言えば眉唾ものの意味は「嘘か本当か信用できないもの」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

日本文学部卒の現役ライター、ヒマワリを呼んだ。一緒に「眉唾もの」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヒマワリ

今回の記事を担当するのは、日本文学科卒で現役ライターのヒマワリ。専攻は近代文学だが、古典からマンガまで幅広く読んでいる。受験生家庭教師の経験を生かして、「眉唾もの」についてわかりやすく丁寧に説明していく。

「眉唾もの」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「眉唾」は、「まゆつば」と読みます。「眉唾もの」は身近な慣用句ですから、耳にする機会も多いでしょう。しかし、その正しい意味や語源を知らない人は少なくありません。

今回の記事では、「眉唾もの」の意味や語源、使い方を詳しく見ていきましょう。

「眉唾もの」の意味は?

「眉唾もの」の意味について説明します。まずは辞書からの引用で確認していきましょう。

1.正しい(本物)かどうか疑わしい物

出典:新明解国語辞典(三省堂)「眉唾物」

2.だまされる心配のあるもの。真偽の確かでないもの。信用できないもの。

出典:goo辞書「眉唾物」

このように、「眉唾もの」とは真偽が判断できない疑わしい怪しいもの、と言う意味で使われる慣用句です。主に商品などで使われる場面が多くあります。他には、信用できない情報や話などに対してもしばしば使われていますね。また「眉唾」と言う単語だけでも同じ意味を持っています。「眉唾」の場合は、物ではなく事柄を差すのに使う事が多いでしょう。そして「眉唾もの」も「眉唾」も、自分が相手に騙されないかと疑っている意味合いがありますので、悪く言う表現の時だけに使います。

「眉唾もの」の語源は?

次に「眉唾もの」の語源を確認しておきましょう。

日本の昔話では、タヌキやキツネが人を化かす物語が多くありますね。当時の人々は、妖力のある動物が人を化かすと言う迷信を信じており、それが広く伝わっていました。そして、タヌキやキツネにだまされないよう眉に唾を塗るという風習があったことから「眉唾」と言う言葉が生まれたのです。

眉に唾を塗ると言うと、おもしろおかしく感じるかもしれませんが、実は昔、唾には魔を封じる力があると言われていました。つまり、当時の人々はタヌキやキツネに化かされぬよう、その魔力を封じるために眉に唾を塗っていたのです。このことから、信用できないものやだまされそうな事に対して用心すると言う意味で「眉に唾を塗る」「眉に唾をつける」と言うようになりました。そして、それが現在さらに省略され「眉唾」「眉唾もの」と使われるようになったのです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: