理科

3分でわかる地震の揺れの種類・大きさ・仕組み!登録者数95万人人気講師がわかりやすく解説

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「地震の揺れの種類・大きさ・仕組み」について、登録者数95万人の人気講師YouTuber「とある男が授業をしてみた」の授業をもとに記事にまとめたぞ。

日本人にとって地震は珍しいものではなく、比較的身近な自然現象だろう。ときに大変な被害も生み出す地震のしくみを知っておくのは、とても重要なことだ。

ライターのオノヅカユウともに、動画の内容をわかりやすく解説していく。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yu_onozuka

ライター/小野塚ユウ

この記事の「とある男が授業をしてみた」×「ドラゴン桜」のコラボ記事執筆を担当。自身も大学での研究経験を活かし、現役講師として活動している。

登録者数95万人の人気講師YouTuber「とある男が授業をしてみた」とコラボ!

今回の記事は、人気講師YouTuberの再生回数49万回の授業をもとにまとめています。

また、これらの動画の内容も含まれています。ほかにも中学生・高校生向けのわかりやすい授業が多いので、ぜひ見てくださいね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

動画は中学1年生向けの内容だが、さすがとてもわかりやすい内容だ。それでは、「地震の揺れの種類・大きさ・仕組み」を深堀りして解説していく。

地震のゆれの伝わり方

まずは動画内のイラストを見てみましょう。

image by Study-Z編集部

私たちが感じる地震は、地中で起きたものがゆれとして伝わってきたものです。地中の地震が起こった地点を「震源(しんげん)」といい、そのちょうど真上のところを「震央(しんおう)」といいます。

また、地震が観測されたとき、その観測点から震源までの距離が「震源距離(しんげんきょり)」です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

基本的に、震源距離が大きい(震源から離れている)ほど、地震は遅れて伝わってくる。震源から遠く離れすぎると、地震のゆれもとどかなくなってしまうな。

震源で起きた地震は波のように広がっていきます。じつは、地震のゆれは2種類にわけることができるのです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yu_onozuka