物理理科電磁気学・光学・天文学

5分でわかるファンデルワールス力!分子間の相互作用とは?理系大学院卒ライターがわかりやすく解説

食器などの油汚れ

image by iStockphoto

実は、油汚れもファンデルワールス力が関係しています。油汚れは水では落ちません。油が非極性分子のため、服などの表面とファンデルワールス力にて引力が発生しているためです。例えば、水は極性分子のため、水と油で斥力が発生し油汚れは落ちません。これを解決するために、石けんや洗剤を使用しています。

洗剤はその分子構造に親水基と疎水基を持っており、水の表面は親水基と油の表面は疎水基とくっつきあうのです。水で油が落ちない理由はファンデルワールス力が大きな理由の一つになります。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ワールス力は実は身近な現象だ。特に、食器を洗うのは毎日やっているだろう。油がなかなか落ちないのは水の極性と油の非極性ではじいているからだ。このように、自分の知らないところでもファンデルワールス力は発生してるんだ。

ファンデルワールス力は最も弱い力

ファンデルワールス力は、最も弱い力です。ですが、小さな力でも時に大きな力になることがあります。その例がヤモリです。極微小の毛がたくさん存在することにより自らの体重を支えるほどの大きな力を発生させます。このように、たとえ弱い力でもひとつひとつ積み重ねることで大きな力になるのです。

1 2 3
Share: