国語言葉の意味

【慣用句】「箸が転んでもおかしい年頃」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

「箸が転んでもおかしい年頃」の英訳は?

image by iStockphoto

「箸が転んでもおかしい年頃」の英訳を考える際には、英語のことわざを用います。日本では「箸が転ぶ」という表現ですが、英語では「帽子が落ちる」になるのです。

「帽子が落ちても」という英語表現

「帽子が落ちても」という英語独特の表現を見ていきましょう。

1.age of laughing at the drop of a hat
直訳:帽子の落下で笑える年

2.an age when even the slightest thing seems funny
直訳:とても小さな事(些細なこと)でさえも可笑しい年齢

3.an age when kids laugh at the drop of a hat

4.laugh at the drop of a hat age

英語では、「帽子が落ちただけで笑う年齢」ということわざになっています。「帽子が落ちる」=「くだらない事」で笑うという意味です。日本語とは例えが異なるため、英訳をするときには気を付けてくださいね!

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「箸が転んでもおかしい年頃」は、英語では「帽子が落ちて笑う年齢」ということわざで表されるぞ。日本とは違った例えを用いる表現はたくさんある。英語の表現も調べてみると、面白いぞ。

「箸が転んでもおかしい年頃」を使いこなそう

この記事では「箸が転んでもおかしい年頃」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「箸が転んでもおかしい年頃」は女性の年代を意味することわざです。普段から使える表現なので、ぜひ日常会話に取り入れてみてくださいね!

1 2 3
Share:
要