理科

3分でわかる火成岩の種類・特徴・見分け方!登録者数95万人人気講師がわかりやすく解説

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「火成岩」について、登録者数95万人の人気講師YouTuber「とある男が授業をしてみた」の授業をもとに記事にまとめたぞ。

火成岩についての学習は、本当に覚えることが多い。混ざりやすい単語も多いから、動画やこの記事を参照しつつ、ノートやメモにまとめてみるといいだろう。

ライターのオノヅカユウともに、動画の内容をわかりやすく解説していく。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yu_onozuka

ライター/小野塚ユウ

この記事の「とある男が授業をしてみた」×「ドラゴン桜」のコラボ記事執筆を担当。自身も大学での研究経験を活かし、現役講師として活動している。

登録者数95万人の人気講師YouTuber「とある男が授業をしてみた」とコラボ!

今回の記事は、人気講師YouTuberの再生回数27万回の授業をもとにまとめています。ほかにも中学生・高校生向けのわかりやすい授業が多いので、ぜひ見てくださいね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

動画は中学1年生向けの内容だが、さすがとてもわかりやすい内容だ。それでは、「火成岩」を深堀りして解説していく。

火成岩とは?

マグマが冷えて固まった岩石を「火成岩(かせいがん)」といいます。

火成岩は大きく「火山岩」と「深成岩」という二つのグループに分けることができ、それぞれのグループにはいくつかの種類の火成岩が含まれているんです。

火山岩と深成岩

火山岩と深成岩

image by Study-Z編集部

マグマが火山の噴火などで地表付近にのぼり、それが短い時間で急に冷えて固まったものをまとめて「火山岩(かざんがん)」といいます。マグマがドロドロしているような地中というのはとても温度が高いので、地表に急激に近づいただけで固まってしまうんですね。

一方、マグマが長い時間をかけて、地下で固まったものを「深成岩(しんせいがん)」といいます。熱い地中で少しずつ温度が下がり、ゆっくりと冷えなければ深成岩はできません。このでき方の違いが大切です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

動画内でとある男さんは、「”火成岩”と”火山岩”が混ざりやすいから注意してほしい」と繰り返しコメントしているな。火成岩の中に、火山岩と深成岩というグループがある。間違えないように注意しよう。

いろいろな火山岩・深成岩

火山岩や深成岩にはいくつかの種類の岩石が含まれています。それぞれの岩石は、含まれている鉱物の量のバランスによって異なる名前が付けられており、中学理科ではこれを覚えなくてはなりません。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yu_onozuka