国語言葉の意味

【慣用句】「恐れ入谷の鬼子母神」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「恐れ入谷の鬼子母神」について解説する。

端的に言えば恐れ入谷の鬼子母神の意味は「恐れ入りました」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要を呼んだ。一緒に「恐れ入谷の鬼子母神」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

要

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

「恐れ入谷の鬼子母神」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「恐れ入谷の鬼子母神」ということわざを聞いたことがあるでしょうか。耳にしたことはあっても、意味を知らないという方も少なくありません。

今回は、「恐れ入谷の鬼子母神」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「恐れ入谷の鬼子母神」の意味は?

「恐れ入谷の鬼子母神(おそれいりやのきしもじん)」には、次のような意味があります。

1.《「恐れ入りやした」の「いりや」を地名の「入谷」に掛け、同地にある「鬼子母神」と続けたもの》「恐れ入りました」をしゃれていう語。

出典:goo辞典「恐れ入谷の鬼子母神」

 

「恐れ入谷の鬼子母神」は、『恐れ入りました』という意味です。

「恐れ入りやした」という表現を、地名の「入谷」にかけてシャレとして使われています。うまい語呂合わせで、笑いを誘う言い回しですね。

「恐れ」という言葉が入っていますが、ここでは『恐怖』という意味はありません。「恐れ入る」の「恐れ」なので、他の動詞の一部になります。

1.女神の名。千人の子があったが、他人の子を取って食い殺したため、仏はその最愛の一児を隠してこれを教化し、のち仏に帰依 (きえ) して出産・育児の神となった。手にザクロの実を持ち、一児を抱く天女の姿をとる。訶梨帝母 (かりていも) 。きしも。きしぼじん。

出典:goo辞典「鬼子母神」

1.東京都台東区北部の地名。鬼子母神 (きしもじん) を本尊とする真源寺の朝顔市は有名。

出典:goo辞典「入谷」

ことわざの中の「入谷」というのは、東京に実際にある地名です。また、「鬼子母神」というのは入谷の女神で、出産や育児の神様と言われています。

1.相手の好意などに対して、ありがたいと思う。恐縮する。
2.相手に失礼したり、迷惑をかけたりしたことに対して、申し訳なく思う。
3.あまりのことに驚き入るばかりである。
4.非常にこわがる。

出典:goo辞典「恐れ入る」

「恐れ入谷の鬼子母神」が意味する「恐れ入りました」は、『相手の優れた点に感心するとともに、参ったと思う』や「恐縮する」という意味です。

そして、「恐れ入谷の鬼子母神」ということわざを使う時には、冗談ぽく言いたい時に使われます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
要