国語言葉の意味

【四字熟語】「大山鳴動」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「大山鳴動」について解説する。

端的に言えば大山鳴動の意味は「噂が大きな割に大した内容ではないこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元塾講師で、解説のわかりやすさに定評のあるgekcoを呼んだ。一緒に「大山鳴動」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/gekco

本業では出版物の校正も手がけ、一般教養に強い。豊富な知識と分かりやすい解説で好評を博している。

「大山鳴動」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 45162540

大山鳴動は「たいざんめいどう」と読みます。それでは、さっそく「大山鳴動」の意味や由来、使い方についてみていきましょう。

「大山鳴動」の意味は?

大山鳴動には、次のような意味があります。

騒ぎだけ大きくて、結果は意外に小さいことのたとえ。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)「大山鳴動」

文字だけを見ると、騒ぎが大きいのはイメージできますが、結果が小さいことはわかりませんね。実は、「大山鳴動して鼠一匹」ということわざの一部になっている熟語です。このことわざの意味が、そのまま熟語の意味になっています

「大山鳴動」の由来は?

大山鳴動は「大山鳴動して鼠一匹」ということわざの一節から生まれた熟語で、意味はこのことわざとまったく同じです。そこでここでは、「大山鳴動して鼠一匹」ということわざの由来について解説します。

日本語のことわざとしては珍しく、翻訳した西洋のことわざに由来する言葉です。古代ローマの詩人ホラティウスの詩からとられたもので、「Parturiunt montes, nascitur ridiculus mus.」(山々が産気づき、滑稽な鼠が一匹生まれる)が原文となっています。古代ローマの中心都市のひとつだったイタリアとその周辺には、世界的に有名な火山がいくつもありました。もちろん、古代ローマ時代にも火山活動が活発化したことは何度もあったようです。火山活動が活発になれば、噴煙が上がり、地震が起こり、動物たちが逃げ出して、大変な騒ぎになったはずですね。ところが、それだけ騒いでいても火山活動が収束し、何事もなかったかのように静まり返ってしまうことも多かったようです。

一方、当時の出産では無痛分娩などなく、妊婦さんの出産は大変な痛みを伴うものでした。この妊婦さんの様子と、火山活動の様子を重ねて、「山々が産気づき」という表現になったようです。それだけの大騒ぎだったのにねずみが一匹飛び出して来ただけだった、ということから、大騒ぎした割に結果は大したものではなかった、という意味につながっています。

\次のページで「「大山鳴動」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: