化学理科

5分でわかる「水溶液の性質」水溶液の見分け方をチェック!元塾講師がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今回は「水溶液の性質」について勉強していこう。

様々ある水溶液をどう見分ければいいのか、性質の違いを利用した方法が有効だ。

水溶液に関する総まとめとして化学に詳しいライターAyumiと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

Ayumi05

ライター/Ayumi

理系出身の元塾講師。わかるから面白い、面白いからもっと知りたくなるのが化学!まずは身近な例を使って楽しみながら考えさせることで、多くの生徒を志望校合格に導いた。

1.水溶液とは

image by iStockphoto

まずは水溶液について復習していきましょう。

水溶液とは、水にある物質を溶解させた液体を指します。例えば塩水は水に塩(塩化ナトリウム)を溶かしたものであり、塩化ナトリウム水溶液ともいいますね。水に水酸化ナトリウムを溶かしたものは水酸化ナトリウム水溶液です。

水のように物質を溶かすいわばベースとなる液体を溶媒(ようばい)、塩や塩化ナトリウムのように溶かす物質を溶質(ようしつ)といい、これが合わさって溶液(ようえき)となります。水溶液というのは溶媒が水であった場合です。

1-1.飽和水溶液とは

水溶液を学ぶ上で忘れてはならないのが飽和水溶液です。例えば塩水をつくるとき、一定の水の量に対して塩の量が多ければ多いほど濃度は上がっていきますね。言い換えれば、同じ量の塩を溶かす場合じゃ水の量が多いほど塩は簡単に溶かすことができるということです。また、冷たい水よりはお湯の方が溶けやすいという傾向もありますね。しかし塩の量を増やしていけば、いつかは溶けずに容器に沈殿して残るようになるでしょう。他の溶液でも同様のことがいえます。つまり、ある温度における一定量の溶媒に溶ける溶質の量には限度があるということです。これは溶液の濃度は限界に達したことを示し、飽和(ほうわ)状態に達したといえます。そして飽和状態にある水溶液のことを飽和水溶液というのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

飽和水溶液の濃度計算は表やグラフを使ったものまで様々だ。苦手なやつは要チェックだぞ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
Ayumi05