国語言葉の意味

【慣用句】「手玉に取る」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「手玉に取る」について解説する。

端的に言えば手玉に取るの意味は「人を自分の思いのままに動かして扱うこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「手玉に取る」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「手玉に取る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「手玉に取る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。基本的な情報だけでなく、詳しいところまでチェックしていきますよ。

「手玉に取る」の意味は?

「手玉に取る」には、次のような意味があります。まずは辞書の意味を確認してから、詳しい意味についても一緒に見ていきましょう。

1.手玉をもてあそぶように、人を思いどおりにあやつる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「手玉に取る」

相手を自分の思うままに動かせる状態にあることを表しています。このとき、相手がどう感じているか、操られていることを自覚しているかどうかは関係ありません。

ただ、自分の思うように相手を動かすということは、相手の気持ちをくんでいなかったり、個人的な都合で行っているようにも見えるため、好意的にとられないことがあります。もし、相手に気を配り、他人の利益を考えられる人なら、「手玉に取る」という言い方にはなりませんね。

「手玉に取る」の語源は?

次に「手玉に取る」の語源を確認しておきましょう。

「手玉に取る」の語源は、手玉を投げ上げるなど自在にもてあそぶようすからきています。「手玉」とは布袋に小豆などを詰めたもので、古い時代から女の子が遊んでいた「お手玉」と言われるものです。曲芸でも自由自在に扱うようすが見られることから、自分の思うままにあやつるたとえとなりました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: